地下下水道にゾンビが生息している? イギリスの作業員たちが目撃した人型の生命体

地下下水道にゾンビが生息している? イギリスの作業員たちが目撃した人型の生命体

画像はイメージです

 ゾンビと言えば、ハイチで死者が蘇生した伝説が有名だ。ゾンビパウダーを浴びた死者が動き回るという話は、多くの怪奇映画で使用されている。銃で撃っても倒れず、次々と襲いかかってくるゾンビ映画にぞっとした経験は誰にでもあるだろう。

 実際は、ハイチの土着宗教であるブードゥー教の儀式から影響を受けた伝説だ。仮死状態で記憶がもうろうとした人物を「ゾンビ」と呼び、農作業で酷使したのが真相であると言われている。

 ところが、「ゾンビに遭遇した」という話もある。

 イギリスのイースト・サセックス州イーストボーンの「サザン・ウォーターズ・トリートメント・プラント」と呼ばれる下水処理場の作業員らが奇妙な体験を口にしている。下水道で作業していたところ、人間の形をしたゾンビのような怪物に追われ、人が潜んでいるような気配を感じ、壁の中から人の会話が聞こえてくるなど、怪奇現象に見舞われているというのだ。下水道という暗闇の空間でゾンビに遭遇しているとするなら、怖いだろう。

 下水道の作業員、マーク・ウェイ氏は、上司から指示を受け、この異常事態を沈静化すべく、超心理学者のマイケル・キングスコート氏に調査を依頼。現場に踏み込んだものの今のところ何も発見されていない。

 やはり、作業員の疲労や睡魔から生まれる幻覚なのだろうか。だが、作業員は「ゾンビは実在する」と強く主張している。

 ある作業員は、こうコメントする。

 「私は幽霊を信じている。私は何かがそこにいるのを確信している。私は夜のシフトには入りたくない」

 「曲がり角、曲がり角のたびに『ゾンビがいるかもしれない』と恐れながら仕事することは不愉快なことである」

 なるほど、確かに「曲がり角のゾンビ」は「労災」以外の何者でもない。

(山口敏太郎)

関連記事(外部サイト)