<実話怪談>無線に入る声〜建設作業員が古井戸から発掘したものは…

<実話怪談>無線に入る声〜建設作業員が古井戸から発掘したものは…

画像はイメージです

 これはある建設会社に勤める知人・Yさんから聞いた話である。

 建設中に骨や遺跡などが出てくることがよくある。しかし、たいがいは面倒なので、その場に埋めてしまうという。骨などは重機ですりつぶし、土に混ぜ込んでしまうし、遺跡もぐちゃぐちゃにして完全に跡形をなくし、隠蔽することが多いというのだ。

 「おい、それは国家的な遺産の喪失だろう」

 私の問いかけにYさんはさらりと答えた。

 「工期が伸びて、自分がリストラの対象になる方が怖いよ」

 ある意味、もっともである。やはり、文化より自分の家族の生活を取るのは仕方ないことであろう。

 ある時、Yさんは都内の古い御屋敷を解体し、地盤を改良した上で、おしゃれなマンションを建設することになった。

 「この現場は最初の2週間が勝負だな」

 工期が短く、予算もない現場でYさんはかなり焦りながらこの現場に取り組んでいた。

 ある日、古井戸が発掘された。古井戸はかなり昔に封印されたようで、漆喰(しっくい)のようなもので口がふさがっているように見えた。

 「くそ〜、古御屋敷だから何か出るとは思ってたものの、やられた」

 Yさんは頭を抱えた。古井戸の場合、昔の骨董品が出土することが多い。この事実を地元の教育委員会にかぎつけられたら、調査のために工事がさらに遅れるのは間違いない。

 「よし、つぶせ、俺が許可する。やるんだ」

 Yさんは焦って古井戸を解体させた。すると中から骨がでてきた。しかも湿っていたためか、頭髪も一部残っている。

 「まずいな、なんかたたりがあるんじゃない」

 作業員たちは、頭髪のついた人骨の前で、水を打ったように黙り込んだ。

 Yさんは、悪いこととは知りつつも、その骨をくだき、残土に混ぜて処分するよう指示した。
 「何、みんなシーンとしてるんだ。早く作業に戻るんだ」

 その日以来、奇妙なことが続いた。

 クレーンと職員の作業をつなぐ無線に奇妙な声が入るのだ。

 「つぶさないで、つぶさないで」

 「お願い、つぶさないで」

 一方、Yさんは毎夜毎夜、大量の土砂に押しつぶされる夢にうなされた。

 「やはり、これはあの骨をすりつぶして、残土と一緒に捨てたたたりではないか、ここまではやばいことになるかも」

 その後、現場では、お骨の供養を行った。するとそれ以来たたりはなくなったらしい。

(山口敏太郎)

関連記事(外部サイト)