かつら姿の裁判官が年に一度の集会

イギリス・ロンドンのウェスト・ミンスター寺院で10月3日、裁判官たちが集う集会が開かれた。年に一度の集会に、裁判官たちはイギリス裁判所伝統の“かつら”をかぶって出席した。

イギリスでは17世紀ごろから、法廷で裁判官に白髪のかつらをかぶることを義務付けている。2008年に民事裁判では廃止されたものの、刑事裁判ではいまだにその伝統が続いている。

ロンドンには法廷専門のかつらを取り扱う店もあり、裁判官たちのために、短髪から長髪までの白髪かつらを販売している。
最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

※当記事は2016年10月05日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)