“女子アナと付き合える確率”は「国士無双」と同じ!

“女子アナと付き合える確率”は「国士無双」と同じ!

各テレビ局の公式サイトでは、ブログなどで女子アナたちの素顔を垣間見ることができる※画像はサイトのスクリーンショットです

かわいらしさと知的で上品なイメージを兼ね備え、常に男性から人気の“女子アナ”。きっと誰もが、お気に入りの1人や2人がいるはずだ。しかし、当然ながら女子アナ=高嶺の花…。彼女たちのハートを射止めているのは、スポーツ選手や芸能人ばかり。まったくもって、うらやましすぎる!

「女子アナと付き合ってみたいと夢見る男性は多いですよね。全国の女子アナの人数をもとに、彼女たちと出会い、交際に発展するかもしれない確率を求めてみましょうか」

と、統計学者の鳥越規央さん。“お嫁さんにしたい職業No.1”の彼女たちをゲットできたら、人生に悔いなしです!

「まず、NHKと民放5局それぞれの公式サイトを独自に調査したところ、各局に在籍する女子アナの人数は合計で194人でした(※2016年8月現在)。また、局に在籍しておらず、フリーとして現役活動中の女子アナはおよそ150人(引退やタレントへの転向は省く)。よって、東京近郊にはおよそ344人の女子アナがいるということになります。

もう少しチャンスを広げるために、首都圏以外も視野に入れておきましょう。全国にあるローカル局の女子アナの数を調査したところ、確認できた人数は約1080人(※1)。よって、日本全国にはおよそ1424人の女子アナがいるということになります」

むむ…。全国で1500人にも満たないって、相当少ないんだな…。

「この割合は、22歳から39歳の女性人口1067万人に対する0.0133%。ただし既婚者も含まれているので、その割合は除外して考えることにしましょう。

アナウンサーは『情報通信業』に属する職業です。『平成24年就業構造基本調査結果』(※2)によると、『情報通信業』に携わる20〜30代女性のうち、未婚率は68.6%。よって、0.0133×0.686=0.00916%。男性が結婚するまでに付き合う人数の平均が4.5人(※3)というデータを考慮すると、5人と付き合った時、そのなかに女子アナがいる確率は、二項分布という公式を用いると…

1-(1-0.0000916)の5乗=0.0458%。

これは、人生を2185回繰り返したときに1度の割合で起きる確率ということ。また、麻雀で役満の『国士無双』であがれる確率と同じです(※4)」

「国士無双」とは「そろえるにはかなり幸運が必要だが、役満のなかでは比較的あがりやすい」という役。麻雀好きの人のように、根気よく狙い続ければラッキーチャンスが巡ってくる可能性は…ある! そう信じていていいんですよね?
 
(岡田 圭/verb)


※当記事は2016年10月08日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)