【衝撃】ガチ装備でサバゲー!生き残りかけて戦うシェアハウスが新しすぎる

【衝撃】ガチ装備でサバゲー!生き残りかけて戦うシェアハウスが新しすぎる

【衝撃】ガチ装備でサバゲー!生き残りかけて戦うシェアハウスが新しすぎる

双子でタレント活動をしています、奈津子と亜希子です。

見知らぬ者同士ひとつ屋根の下で暮らす「シェアハウス」。低家賃の物件も多く便利な反面、どんな人が利用しているのか気になるところです。

そんな中「サバイバルゲームの講師が住み込みで駐在しており銃撃戦ができる」という衝撃的シェアハウスの情報が入ってきたため、さっそく取材へ。

■「金妻」の舞台にあった

ドラマ『金曜日の妻たちへ』の舞台にもなった東京・たまプラーザ駅。ここから徒歩7分ほどで「シェアレジデンスたまプラーザ」が現われます。

入り口で、穏やかに微笑む男性が出迎えてくれました。本日お世話になるサバゲー講師の中村隊長です。

本格装備だぜッ。ドキドキしつつリビングへ向かいます。掃除の行き届いたキレイな共同スペースに感動しているのも束の間、壁際の銃や...

迷彩服のフル装備など、衝撃的な映像が飛び込んできます。

せっかくなのでお借りすることに。隊長が親切に銃の扱い方を指導してくれます。BB弾を使用する銃が主流だそうですが、ここではLEDの銃(テレビリモコンと同じ赤外線)を使うので部屋を傷つけず遊ぶことができるそう。?引き金を利き手で持ち、敵のヘルメットや銃の先端・サイドを狙います。5回打たれるとゲームオーバー。住人のショウさんも参加し、サバイバルスタート!

■キッチンで銃撃戦が...

部屋の脇でパソコン作業をする住人さんの光景と、サバゲーという非日常のコントラストがシュールすぎる...。

双子でペアを組みましたが、すぐ敗退。

ペアをチェンジし、夕飯準備をしている住居人の方々にひと声かけ銃撃戦は台所にも及びます。炊飯器ジャーを盾に光線を放つ隊長。

トイレに隠れたり...

靴箱やシャワールームにも果敢に飛び込みます。

事故に繋がらないように慎重に対応しつつ、シェアハウス全体を使っての広大なサバイバルが進みます。空部屋にも突き進みました。

シャワールームで奈津子にロックオンされる亜希子...。

■隊長に話を聞いた

この家の住人でもある中村隊長。こちらのサバゲーで利用する光線銃の会社の社員さんです。

元々は静岡県で銃の営業活動をしていましたが、都内にも多くの取引先があるためこのシェアハウスに銃を卸す際に上京。

現在は住み込みでサバゲーの講師をしながら都内で営業をしているといいます。昼間は、リビングでノマドワークすることもあるそう。

「住居者同士のレクイベントや、入居者が連れてきたお友達の皆も交えてサバゲーで遊んでくれます。

『サバコン』といって男女で盛り上がる合コンのような使い方もありますし、男子と女子で対決しても安全に遊べるので皆さん面白がってくれますよ」

この物件では、ほかにも「コックピットルーム」と称しフライトシミュレーターで遊べる部屋や、「美バディレッスン」というボディメイク講座を行なうこともあるといいます。

既にハウス内には2〜3組のカップルもいるんだとか。

サバゲーに、恋愛に、パイロットルーム...。新しい住まいのかたちが見えてきました。気になる方は体験してみては?

奈津子Twitter 亜希子Twitter

(取材・文/奈津子・亜希子)

関連記事(外部サイト)