台風が多く上陸するときに目にする言葉の『今年は台風の当たり年』という表現は不適切

記事まとめ

  • 台風が多く上陸する時に目にする言葉の『今年は台風の当たり年』は不適切な表現らしい
  • 当たり年の意味は『幸運に恵まれた年』で、被害をもたらす台風に当てはまらないという
  • 台風報道の『○年に一度の』という表現には、ボージョレを思い出すという人もいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております