親が送ってくるので…携帯キャリアメールの要否を考える

親が送ってくるので…携帯キャリアメールの要否を考える

親が送ってくるので…携帯キャリアメールの要否を考える

?ぱくたそ

LINEなどのメッセージアプリは、もはや連絡手段の主軸に。そこで存在価値を問われるのが、各携帯電話会社が提供するメールサービス。ほとんど使っていない人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代スマホ利用者の男女789人に「携帯電話のキャリアメールは、もういらない」と思うかどうかの調査を実施。その結果、31.8%がキャリアメールはいらないと回答をした。

しかし残り7割の人はまだキャリアメールは必要だと考えており、まだそれなりの需要があると言ってもいいだろう。

■親ががんばって短文メールを送ってくるので

年代別で見ると、それほど目立った差がない。

若い年代で多くなると思いきや、20〜30代でも3割程度。しかも50〜60代のほうが若干多い割合になっており、世代間の問題でもないようだ。

「友達とのやり取りはLINEがほとんど。ただ親はガラケーで、がんばって打ったんだろうなと思う短い文のメールを送ってくる。それがある限りは、やっぱり必要だと思う」(40代男性)

今回の調査対象はスマホ利用者で、ある程度使いこなしている人たちだ。ガラケーを苦労しながら使っているような人には、キャリアメールはまだまだありがたい存在だろう。

結婚している友達は、なぜかガラケー率が高いんです。旦那さんとの連絡くらいだから、スマホに変えるのが面倒だって。なので、たまに私と連絡する場合もメールなんですよ」(40代女性)

40代は、ガラケーの全盛期を経験した世代。慣れたほうがいいと考える人も多く、スマホ利用者もメールでのやり取りがなくすことはできないと考えるようだ。

■ゲーマーはキャリアメール不要派が多い

ゲームが好きな人は、キャリアメールを不必要と思う傾向に。

「ポケモンGO」で遊んだことがある人とゲーマーに、キャリアメールはいらないと思っている割合が多い。スマホでゲームをするほどに使いこなす人にとって、キャリアメールは過去の産物と思えるのかも。

現在の時点では、キャリアメールの必要性を感じている人も多い。ただ格安SIMを利用する人も増えつつあり、今後はさらにキャリアメールを利用する人が減ることが予想される。

・合わせて読みたい→友達とのやりとりに最もよく使うのは? LINEが勢力拡大中

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代スマホユーザーの男女789名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)