ただの勘?「当たらない占い師」の仰天鑑定エピソード3選

ただの勘?「当たらない占い師」の仰天鑑定エピソード3選

ただの勘?「当たらない占い師」の仰天鑑定エピソード3選

KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock

テレビや雑誌などで、当たり前のように出てくる星座占いや血液型占い。そういったものを信じる人もいれば、「よく当たる」と噂の占い師のところへ直接出向くほど熱心な人もいるだろう。

しらべぇ編集部では、「占い師に占ってもらったけど当たらなかった」という経験をした20代の女性3人に話を聞いてみた。

(1)ことごとく外れる恋愛診断

「よく当たるという手相占い師に見てもらったら『最近まで付き合っていましたか?』と言われ、前回付き合ったのは3年前だったので『私の感覚での最近なら、付き合ってないです』と答えました。

すると『じゃあ恋かな?』と言われ『それもだいぶ昔です』と答えたら、『あら〜そうですか。でもあなたはもうすぐ彼氏ができて、すぐ結婚するでしょう。でもその時期を逃したら26〜29歳、その次は32歳頃に結婚の時期がきますよ』と言われたんです。

でも...その年齢って結婚適齢期じゃん! って突っ込みたくなりました」(20代女性)

手相占いは統計で見るという話は聞いたことがあるが、結婚適齢期に結婚するという診断は、素人でも言える。

さらにこのとき、パソコンで操作し占っていたという話も。パソコンに出る結果を読むだけなら、誰しもが占い師になれるのでは...。

(2)テレビに出る占い師はトークがうまい?

「テレビにも出ていた言うことが強烈な占い師に見てもらったことがあるんですが、恋愛、仕事、性格、家族、何から何まですべてはずれ

でも、その毒舌トークがおもしろかったので『テレビによく出ている人たちは、トークがうまいから出られるんだろうな』と感じたことがありました」(20代女性)

一時期は多くの占い師がテレビ番組に引っ張りだこであったが、最近めっきり見なくなったのは、トークはうまいが当たらないことを見透かされてのことなのだろうか?

(3)当て勘の嵐! モラルが欠如した占い師

「友達と一緒に、よく当たるという占い師に見てもらいました。一緒に行った友達のことはほぼ完璧に当たる一方、私の占いはことごとくはずれ。

家族の話で、占い師が友達に『4人兄妹?』と聞いたのですが、じつはその子のお母さんが一度流産していて、今は3人だけど本当なら4人っていう事実を言い当てたんです。『あぁ、やっぱり。見えますよ』と。

結果的にシビアな内容で、友達とも『見えるんだね』と驚いていたら、『あら、あなたも4人兄妹?』と私にふってきたんです。『私は3人兄妹です』と返したら、『え? そう...でも見えるわよ...あなたのお母さんも流産したんじゃない?』って言い出して。

帰って母に確認しましたがそんな事実はなく、モラルの欠片もない最悪な占い師だと思いました。冗談でもそういうことは言うべきじゃないですよね」(20代女性)

占いに行く人は、本当に救いを求め行く人も多いはず。そんなときに、モラルのない占い師の診断は最悪なパターンであろう。当たらなかったのが悔しく、安易な発言をしてしまったのだろうか。

信じるか信じないかはもちろんその人の自由だが、占いにすべてを任せることをせず、傾倒しすぎないことも大切だ。

・合わせて読みたい→占い依存で100万円も! 「スピリチュアル」にハマりすぎた人5選

(取材・文/しらべぇ編集部・山吹彩野)

関連記事(外部サイト)