因果応報?反省しても遅い…「いじめっ子」たちの悲惨な末路

因果応報?反省しても遅い…「いじめっ子」たちの悲惨な末路

因果応報?反省しても遅い…「いじめっ子」たちの悲惨な末路

Tomwang112/iStock/Thinkstock

学生時代に、クラスメートをイジメた経験がある人もいるだろう。中には、そのイジメが、大人になってから形を変えて自分に戻ってくることもあるらしい。

しらべぇ取材班は、イジメた経験がある人たちに話を聞いてみた。

(1)世界は狭い...

「高校生の時に、同級生の女の子をかなりイジメていて。それが原因で、彼女は学期の途中から、不登校になり、卒業式にも出席しませんでした。

高校卒業後は、会うことはなくなったんですが...。社会人になり職場で初彼氏ができて。彼のFBをふと見たら、私がイジメていたあの子が...。

どうやら大学のサークルの後輩だったようで。さらにお互いに投稿に頻繁にコメントしあうほど仲が良くて。兄妹のような関係みたいで...

彼には心優しい子と思われたくて、いじめっ子の過去を隠していたし、『イジメは絶対に許せない!』とまで言っていたので。

その日から『彼女にいじめっ子というのを暴露されるのでは。彼に嫌われて終わるのでは』と悶々。『バレませんように...』と毎日祈っていますが...バレるのも時間の問題かな...」(Sさん・25歳)

(2)子供がイジメられて...

「私は気が強かったので...オドオドしている子が嫌いで、小・中・高はもちろん社会人になってからも、気が弱い子によく意地悪していました。

私としては『イジメられるほうが悪い。イジメられるほうに問題がある』。まさにこんな考えを持っていて...。だから申し訳ないと思ったこともなくて...。

でも息子が小学生になった時に、学校で酷いイジメがあり。我が子が傷つけられたのがショックで、学校や保護者、近所の人など、至る所に訴えました

しかし、私はずっと地元にいたので、子供の頃からいじめっ子体質を知っている人がほとんど。息子と同じ学校に通う母親には、私がいじめた子たちもいて...。

だから周囲からは『因果応報じゃん』『自分がさんざん周りにしたくせに、自分がされたら騒ぐなんてありえない』と罵詈雑言が...。

悪いことをしたら、自分や自分の大切な人に帰ってくるんだ...と、いじめっ子になってから30年以上経って気がつきました」(Mさん・37歳)

「イジメたほうはすぐに忘れても、イジメられたほうは一生覚えている」とも言う。いじめられっ子たちの恨みが、形を変えて自分たちに戻ってくるのかもしれない。

・合わせて読みたい→新入社員をいじめて辞めさせるのは40代! 老害エピソードも

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

関連記事(外部サイト)