ケンミン8万人調査!茨城県民は「非モテで理系」の傾向

ケンミン8万人調査!茨城県民は「非モテで理系」の傾向

ケンミン8万人調査!茨城県民は「非モテで理系」の傾向

画像はTwitterのスクリーンショット

茨城県といえば、全国一の納豆の産地。非公認キャラクター「ねば〜る君」も、じょじょに目にする機会が増えつつある。

つくばエクスプレスや上野東京ラインも開通し、首都圏とも近づきつつある茨城県。そんな茨城県民には、どのような特徴があるのだろうか?

しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中から、茨城県に住む1,434名を抽出。カイ二乗検定をかけて有意差を判別し、3つのポイントを発見した。

(1)浮気する人の割合は低いが...

茨城県は、浮気したことがある人の割合が、全国平均より3ポイント以上低い。恋愛・結婚にはまじめに見えるが、じつはそれだけではない。

「浮気されても許せる」と答えた人は、全国平均21.1%に対して茨城県では18.7%。浮気する人が少ない茨城県民がパートナーの場合は、浮気することも控えたほうがよさそうだ。

(2)モテへの自信は低め

「自分はモテる」と考える人の割合は、全国では4人に1人以上。しかし、茨城県民では、5ポイント近く低い。

北関東エリアの3県は、東京が近いぶんコンプレックスがあるとも言われるが、そうした影響なのだろうか。

(3)筑波大学の効果? 理系の割合が高い

筑波大学があるつくば市には、JAXA(宇宙航空研究開発機構)など、国や民間の研究機関が集まる。

そのせいか、理系を自認する人の割合が全国平均より有意に高く、5割に迫っている。

・合わせて読みたい→ケンミン8万人調査! 福島県民はネコ好きで浮気されにくい?

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
?方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年3月31日〜2015年4月20日
対象:全国15歳〜90代男女88,321名うち茨城県居住者1,434名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)