ケンミン8万人調査!栃木県民は朝が弱くて「縛られる」のが好き?

ケンミン8万人調査!栃木県民は朝が弱くて「縛られる」のが好き?

ケンミン8万人調査!栃木県民は朝が弱くて「縛られる」のが好き?

tozawatakashi/iStock/Thinkstock

栃木県といえば、世界文化遺産『日光東照宮』が有名。「見ざる言わざる聞かざる」の三猿や眠り猫など、江戸初期の名職人、左甚五郎の作品と伝わるレリーフもよく知られる。

県庁所在地の宇都宮は、「餃子の街」として、消費量日本一の座を静岡県浜松市として争っている。

そんな栃木県民には、どのような特徴があるのだろうか?

しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中から、栃木県に住む1,035名を抽出。カイ二乗検定をかけて有意差を判別し、3つのポイントを発見した。

(1)栃木県民は朝が弱い?

「朝型」を自覚する人の割合は全国平均でおよそ4割だが、栃木県民では3ポイント以上低い結果に。

海がないため、日の出がやや遅く感じられるせいだろうか。

(2)恋愛・結婚はM気質?

「恋愛や結婚では束縛されたい」と思う栃木県民の割合は、全国平均よりおよそ3ポイント高い。

自由を求める人が8割と圧倒的だが、依存気質・Mっ気のある人が多いということか。

(3)お風呂はしっかり入りたい栃木県民

内陸のため、冬の寒さは厳しい栃木県。それもあってか、「お風呂に入らない日がある」と答えた人は、全国平均より5ポイント低い。

清潔志向は高い県民性と言えそうだ。

・合わせて読みたい→ケンミン8万人調査! 茨城県民は「非モテで理系」の傾向

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
?方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年3月31日〜2015年4月20日
対象:全国15歳〜90代男女88,321名うち栃木県居住者1,035名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)