松坂大輔が3648日ぶりの1軍登板で大炎上!その投球にファンは…

松坂大輔が3648日ぶりの1軍登板で大炎上!その投球にファンは…

松坂大輔が3648日ぶりの1軍登板で大炎上!その投球にファンは…

画像はNPBのスクリーンショット

2日、福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔が日本では2006年10月7日以来となる登板。

先頭の嶋にフォアボールを与えると、聖澤とかつての同僚でもある松井稼頭央に連続デットボール与える乱調。

さらに続くペゲーロにもストライクが入らず、押し出し四球を与えたうえ、暴投で失点し、その後も3連打含む打者一巡の猛攻を許す大炎上となった。

コントロールがすこぶる悪く、球の勢いも感じず結局5失点。かつて「日本のエース」と呼ばれた男とは無縁の投球にファンも失望したようだ。

こんなにツラい復帰戦を誰が予想していたか。
昔の松坂大輔の圧倒的なイメージを引きずってついつい期待してしまうから余計ギャップが。。。
これも現実ですね?
復帰マウンドお疲れさまでした。 #sbhawks

— じろう@鷹党プロスピA (@jirouyakyu) October 2, 2016

俺たちが見ていたライオンズのエースでメジャーリーグでも活躍してた松坂大輔はもういないんだ...

— あんでぃくんさん (@aPnKdMyN) October 2, 2016

松坂・・・。何だかんだ言って、のらりくらり抑えるかと思ってたのに5失点...。わざわざ代打稼頭央出してきてくれたのにデッドボールだったしがっかりだ。

— Jun (@Jun_7777) October 2, 2016

■ここ2年まったく成績を残せず

松坂はボストン・レッドソックス時代の2011年以降故障がちとなり、成績が低迷。2014年オフに福岡ソフトバンクホークスと3年12億円の大型契約を結び日本に復帰した。

しかし、2015年は右肩の手術などで1試合も1軍登板せず、2軍でも精彩を欠く投球。それでも4億円を手にしたため、「給料泥棒」との批判が噴出。

さらに今年も2軍ぐらしが続き、成績も1勝4敗防御率4.94と低迷。かつてのような力のあるストレートを投げこむことができず、無様にうちこまれることが多いのが現状だ。

それだけにファンの怒りも収まらないようで、「引退すべき」との声も続出。しらべぇ編集部の調査でも5割が「引退したほうがいい」と考えていることが判明している。

■ファンに話を聞いてみた

松坂のファンというAさんに話を聞いてみた。

「正直今の松坂では来年以降も苦しいと思います。下半身に粘りがなく、重心が高いフォームで手投げなので、力のあるボールが全然投げられていません。それに相変わらずのウェイトオーバーですしね。

工藤監督はポストシーズンに松坂を中継ぎに使うプランも持っているようだけど、敗戦処理くらいでしか使えないんじゃないですか。もう顔で抑えられるような投手ではないと思います。晩節を汚さない意味でもそろそろ引退したほうがいい。

ただ3年契約なんで、来年も4億もらって2軍でプレーするんじゃないですかねえ。自ら引いて欲しいですが」

厳しい声に奮起することができるだろうか。

・合わせて読みたい→引退後も重要な戦力! プロ野球の海外スカウトは懐かし助っ人のオンパレード

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)