ケンミン8万人調査!長野県民は出世より結婚に満足を見出す?

ケンミン8万人調査!長野県民は出世より結婚に満足を見出す?

ケンミン8万人調査!長野県民は出世より結婚に満足を見出す?

Hemera/Thinkstock

今年のNHK大河ドラマ『真田丸』の舞台ともなっている長野県。

真田家が活躍した上田城、ついで転封された松代城は、すでに天守閣が取り壊されているが、松本市にある松本城は全国に12しか残っていない「現存天守」のひとつ。国宝に指定されている。

蕎麦やリンゴ、高原野菜など、豊かな食文化にもあふれる長野県。どんな県民性なのだろうか?

しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中から、長野県に住む1,331名を抽出。カイ二乗検定をかけて有意差を判別し、3つのポイントを発見した。

(1)長野県民は出世していない?

「同年代より出世している」と感じている人は、全国では2割強だが、長野県民ではかなり低く、7ポイント近い差が開いた。

生き馬の目を抜く都会のような、あくせくした働き方をしていないとも考えられる。

(2)年上に好かれやすい傾向

長野県民は、男女とも年上の異性に好かれやすい傾向があるようだ。全国平均より5ポイント高く、6割を超えている。

(3)結婚の満足率が高い

長野県民のもうひとつの特徴は、結婚の満足度が高いこと。「結婚して幸せ」と答えた人の割合は全国平均を4ポイント近く上回り、8割に迫った。

長野県民の平均寿命は男女とも日本一(2013年)だが、こうした結婚生活への満足度も長生きの秘訣かもしれない。

・合わせて読みたい→ケンミン8万人調査! 山梨県民はブランド嫌いで恋愛では尽くし系?

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
?方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年3月31日〜2015年4月20日
対象:全国15歳〜90代男女88,321名うち長野県居住者1,331名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)