リメイクに動物化、あの小説まで…10月アニメが熱い!

リメイクに動物化、あの小説まで…10月アニメが熱い!

リメイクに動物化、あの小説まで…10月アニメが熱い!

いよいよ10月になり、新番組を楽しみにしている人も多いだろう。もちろんドラマもいいのだが、忘れてはいけないのがアニメ。

萌えアニメやスポ根など定番もあるが、「こんなアニメが!?」なんて作品もある。アニメ好きじゃなくても見逃せない新アニメをピックアップ!

■過去の名作を大胆リメイク!

小さい頃に朝や夕方はアニメを見ていた...なんて人も多いのでは。そんな人たちに朗報! あの名作がリメイクされて帰ってくるのだ。

(1)あの3人組が帰ってきた!

画像は「タイムボカン24」公式サイトのスクリーンショット

3人組の悪党といえば、やっぱりタイムボカンシリーズ。あのメカアニメが帰ってくるのだ。もちろん制作はタツノコプロ。

「やっておしまい!」が聞けるのかと思うと、ワクワクしてこないだろうか。

(2)本物のプロレスラーも参戦!

画像は「タイガーマスクW」公式サイトのスクリーンショット

伝説のプロレスアニメ、「タイガーマスク」もリメイクだ。東映アニメーション創立60周年記念作品として制作。新日本プロレスが全面協力し、同団体所属の実在のプロレスラーも実名で登場する。

さらに、プロレス中継番組『ワールドプロレスリング』と連動する形で放送されることに。

(3)ガラスの仮面が...ギャグアニメに!?

画像は「3ねんDぐみガラスの仮面」の公式サイトのスクリーンショット

「恐ろしい子...!」なガラスの仮面は、40周年を記念してなんとギャグアニメに!

『鷹の爪』などを制作しているDLEの手によって、マヤが、亜弓がどうなってしまうのか...というか、月影先生も生徒!? など、突っ込みどころ満載。

公式サイトのトップページは、ぜひ自分の手でクリックしてみて欲しい。

■織田信長が「ホトトギス」に!?

画像は「戦国鳥獣戯画」公式サイトのスクリーンショット

戦国時代が鳥獣戯画のイラストになったアニメがこの「戦国鳥獣戯画」。豊臣秀吉がサル、徳川家康がタヌキはわかる。わかるんだけど...織田信長はホトトギスか...!

ちなみに、織田ホトトギス、飛びます。

■あの有名小説がアニメ化

画像は「舟を編む」公式サイトのスクリーンショット

三浦しをんの大ヒット小説「舟を編む」が、ノイタミナ枠でアニメ化。実写ドラマを経てのアニメ化は珍しい。

ノイタミナ枠自体が丁寧な作画とストーリーで知られており、アニメに興味がない人も魅せてくれそうだ。

紹介した5作品以外にも、謎解きアニメや一緒にエクササイズするものなど、個性的な作品がたくさん。

アニメってオタクが見るんでしょ...? なんて思わず、1話を見てみたら案外ハマるかも。

・合わせて読みたい→くま川鉄道の応援切符が販売見合わせに 萌えキャラの何が問題なのか

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

関連記事(外部サイト)