夏目漱石は精神疾患だった?裏の顔が見れるドラマに期待

夏目漱石は精神疾患だった?裏の顔が見れるドラマに期待

夏目漱石は精神疾患だった?裏の顔が見れるドラマに期待

※画像は夏目漱石の妻 | NHK 土曜ドラマのスクリーンショット

24日、NHK総合で『夏目漱石の妻』がスタートした。漱石の妻である夏目鏡子を演じるのは、尾野真千子。漱石は長谷川博己が演じる。

漱石といえば、『吾輩は猫である』『坊っちゃん』など数多くの名作を世に出し、紙幣の肖像にもなっている。

漱石の表の顔は有名だが、実は「精神病を患っていたのでは」と言われている。病名に関しては、統合失調症や分裂病、躁鬱病など諸説ある。

具体的にどのようなエピソードがあるのだろうか?

(1)いきなり殴る

ドラマの原作にもなっている『漱石の思い出』(夏目鏡子述/松岡譲筆録)。その中で、火鉢の前に座っていたまだ3歳の長女をいきなり叩いたと書かれている。

また次男も4歳〜5歳くらいの頃、漱石にいきなり殴られており、殴られる前は必ず顔が赤くなるらしい。

(2)妄想の度が過ぎている

ほかのエピソードとして、漱石は向かいにある下宿屋に住んでいた学生のことを、漱石のことを監視している「スパイ」だと思い込んだという。

また漱石は、イギリス留学をした際に物乞いに小銭を与えた後、下宿のトイレの窓に硬貨が置いてあるのを見て「下宿のおかみさんが置いたに違いない」と妄想。四六時中、下宿のおかみさんが見張っていたと憤慨したそうだ。

先述した「長女を殴った理由」として、漱石は火鉢のふちに小銭が置いてあり、イギリス留学の記憶と混在したと述べている。

小説家なので想像力が豊かなのはわかるが、妄想と現実の境目がなくなっていたこともあったのかも。

(3)わけもなく暴れる

さらに漱石には、わけもなく怒って部屋の中の家具を壊すなどのエピソードもある。

「暴れる」といえば、漱石の曾孫である夏目一人氏も、過去にTwitter上で暴言を吐いて話題になったことがあるが...もしかしたら血筋なのだろうか。

偉業を成し遂げる人は、普通とは違う精神の持ち主が多いが、周囲の支えがあるからこそ偉人になれる。ドラマ『夏目漱石の妻』は、どこまで原作のエピソードが再現されるのか。期待したい。

あわせて読みたい→日本一敷居が低い『ネコの文壇バー 月に吠える』が粋すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma)

関連記事(外部サイト)