LINEスタンプを使いすぎる人は嫌われる?ユーザーの本音を調査

LINEスタンプを使いすぎる人は嫌われる?ユーザーの本音を調査

LINEスタンプを使いすぎる人は嫌われる?ユーザーの本音を調査

画像はLINE STORE公式サイトのスクリーンショット

映画『君の名は。』や、ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」などが相次いでLINEスタンプ化され、話題となっている。

LINEスタンプは、ひとつのコミュニケーションの手段として利用する人も多い。だが、スタンプばかり送ってくる人に対して、世間のLINEユーザーは正直どう思っているのか。

■性別と年代によって差が

しらべぇ編集部は、全国の20代〜60代のLINEユーザーに「LINEでスタンプばかり使う人は苦手だ」と思うかを調査した。

性別と年代によって意識に差があることが判明。基本的に、年代が上がるにつれて苦手意識は増している。また、男性のほうがより拒否反応を示す傾向にあるらしい。

■LINEユーザーの生の声

編集部では、「苦手」と答えるLINEユーザーの男女に、話を聞いてみた。まずは、20代の女性。

スタンプをたくさん送られると「え、私も何かスタンプ返さなきゃ」って思っちゃうので、正直メッセージだけでいいです。

LINEスタンプの応酬は疲れるとのこと。これは、誰しも経験のあることかもしれない。続いては40代男性の声だ。

目上の人から送られてくるなら許せますが、部下からスタンプが送られてきたら「ちょっと礼儀がないんじゃないの?」と思ってしまいますね。

友人、家族、恋人といった関係の相手ならまだしも、職場の上司にLINEのスタンプを送るときは気をつけたい。送るとしても、相手をしっかり見極める必要がある。使う頻度やものによっては、人を不快にさせる場合もある、ということを覚えておきたい。

メッセージアプリのLINEなのだから、スタンプのためのLINEとなってしまっては本末転倒だろう。楽しく気持ちよくやりとりをするためにも、スタンプの使用頻度やタイミングには気をつけたい。

・合わせて読みたい→【LINE】あえて無料スタンプを送る真意に涙目「オレ、そうだ」

(取材・文/しらべぇ編集部・倉木春太)
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代のLINEユーザー606名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)