台風禍で運休の北海道「タマネギ列車」10月1日運転再開へ

台風禍で運休の北海道「タマネギ列車」10月1日運転再開へ

台風禍で運休の北海道「タマネギ列車」10月1日運転再開へ

※画像はYouTubeのスクリーンショット

8月の台風10号による大雨や、その前後で続いた長雨で大きな被害を受けた北海道東部・道東地方。寸断された主要国道を初めとする道路や鉄道では、いまだ復旧しないところがある。

【徒然なる風景】 北海道北見市。 玉ねぎの出荷量日本一なのですが、 今期は台風の被害が甚大で、 例年より大幅に減少する見通しです…? 写真は、比較的被害の少なかった 玉ねぎ畑での収穫風景。 #onionfields #onionfieldsforever #hokkaido #kitamicity #iloveonions #typhoon #北海道北見市 #玉ねぎ畑 #台風被害 #収穫 #harvest

tomiy510さん(@tomiy510)が投稿した写真 – 2016 9月 17 7:00午前 PDT

農業面でのダメージも大きい。タマネギやジャガイモ、ニンジンなど北海道への依存度が高い作物にとっては、収穫間際の被害。とりわけタマネギは、九州産の不作から北海道産の供給が待たれていたところへ災害が追い打ちをかけた格好だ。

首都圏のスーパーなどでは1個が100円以上と、価格が例年の2倍以上に高騰しているケースも見られる。

■「タマネギ列車」運転再開へ

タマネギの生産で日本一とされるオホーツク・北見市周辺では遅れて収穫が始まっているというが、肝心の輸送手段は鉄道が不通で使えずトラックに頼っている状況。いつもの年ならタマネギを満載した車両を延々つなぎ北見〜新旭川間で運転される臨時貨物列車・通称「タマネギ列車」は、運行経路にあたる石北線の上川〜白滝間の路盤が大規模に流出したことで運休が続いていた。

特急をはじめとする旅客列車も運行できないでいたところ、同区間は復旧工事が完了。10月1日から運転を再開し、タマネギ列車も同日から運転される予定だ。

■一方、十勝のジャガイモは...

写真提供=JR北海道

一方、ジャガイモ産地の十勝では、鉄道の復旧が遅れている。根室線の帯広から隅田川(東京都)や吹田(大阪府)を結ぶ定期貨物列車も運転できず、ジャガイモをはじめとする農産物はトラックで運び出すほかない。

とはいえ肝心の国道は、273号・274号が十勝との境界になる峠付近で通行止め。釧路港などからRORO船と呼ばれる定期貨物フェリーやチャーター船も駆使して、懸命の輸送が続く。

そんな中、石北線と同じく10月1日には上川・オホーツク方面へ抜ける273号で通行止めが解除される見込み。札幌方面への274号は復旧の見通しがつかないままだが、少しずつ明るい兆しも見え始めたようだ。

・あわせて読みたい→札幌から帯広へ羽田経由で? 北海道大雨「試される大地」に社畜は

(文/しらべぇ編集部・前田昌宏)

関連記事(外部サイト)