元恋人には幸せになってほしい?男女の考えの違いに驚愕

元恋人には幸せになってほしい?男女の考えの違いに驚愕

元恋人には幸せになってほしい?男女の考えの違いに驚愕

?ぱくたそ

恋愛に別れはつきもの。終わった関係に未練を残すも残さないも、人それぞれだ。

ふとしたときに気になる、元恋人の現在。「幸せになってほしい」「地獄に落ちてほしい」とさまざまな思いがあるだろう。

■2016年にHをした人は心に余裕がある

しらべぇ編集部は、これまで恋人がいたことがある男女1,058名に「元恋人には幸せになってほしい」人がどれほどいるかを調査。すると、「幸せになってほしい」と回答したのは54.3%と過半数だ。

特徴別の結果を見てみると、2016年にエッチをしてない人の約6割は元恋人には幸せになってほしいと願う傾向にあると判明したのだ。

エッチをしていないということは、まだ新恋人がいないと考えられる。そのため、まだ相手を想っている気持ちから幸せを願っているのかもしれない。

一方、2016年に入りエッチをした人では、元恋人に対する気持ちが分かれるようだ。幸せを願えない人は、新恋人、もしくはセフレができたことにより、元恋人とのトラブルを思い出すのだろうか。

■女性の怨念は恐ろしい...

また性年代別で比較してみると、興味深い傾向が見てとれる。全体的に、女性は元恋人には幸せになってほしくないと思っている割合が高いようだ。

一方で、男性は元恋人の幸せを願う傾向に。とくに40代以上の男性では60%を超え、60代にもなると84.1%と極めて高い割合になった。

男性と女性では、元恋人に対する考え方が違うようだ。なぜこのような結果になったのだろうか?

■幸せになってほしくない理由とは...

編集部では、元恋人には幸せになってほしくないという20代女性に話を聞いた。どういう思いなのだろうか。

絶対イヤですね。元恋人には幸せになってほしくないです。

地獄に落ちてほしいとまでは思わないですが、少なくとも私の視界からは完全に消えてほしいですし、私より幸せになっているとは考えたくもないです

人様に迷惑をかけない程度に生きていてくれるのが一番いいです」

不幸になってほしいとは願っていないが、幸せなのはイヤ、とのこと。

過去の思い出は美化されてしまう、といわれがちだが、じつは男性だけの話かもしれない。

女性は、付き合っている当時に彼から受けた仕打ちを覚えていて、相手の不幸をずっと願っている...という恐ろしい話もあるのだろう。

・合わせて読みたい→元恋人と復縁したいときに知っておくべき3つの事実

(取材・文/しらべぇ編集部・伊藤大生)
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日?
対象:全国20〜60代の恋人がいたことある男女1,058名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)