1700万円で自分の「処女」を出品 ロシア人美女が話題に

1700万円で自分の「処女」を出品 ロシア人美女が話題に

1700万円で自分の「処女」を出品 ロシア人美女が話題に

(画像はTwitterのスクリーンショット)

さまざまなものを手軽に売買できるネットオークション。古着など定番のものもあれば、自分のスキルや時間を売る人などもいて、多様化が進んでいる。

そんなネットオークションの中でも、とびきりぶっ飛んだ出品が海外で成され、世界的な話題になっていることをご存知だろうか。

■出品したのは「処女」

ロシアに住む女性・アリアナさん(20)は、海外で医学を学ぶことを夢見る女性。

しかし、医学部はどこの国でも基本的にお金がかかる学部である。海外留学ともなれば、その費用は計り知れない。

学費や生活費を稼ぐためにも、大学に通いながら働くことは避けられない。しかし、勉学に集中するためには、その不安はできればないほうが良い......。

そう考えた彼女は、男性を探すエスコートサービスサイトに「自分の初体験」を売り出すことに決めたそうだ。

気になるお値段は130,500ポンドで、日本円に換算するとなんと約1,720万円。

かなりの美女な彼女だが、それを考えてもなかなか強気な価格設定である。

ちなみに両親はこの出品については知らないらしいが、もし見つかった際には真摯に説明するとのことである。

■初体験はプレミアチケット......なのか?

なんとも批判が殺到しそうな彼女の出品だが、遠く離れた日本にまで伝わってきていることからもわかるとおり、すでに世界的な話題になっている様子。

物好きな富豪がこっそりと入札する可能性も、ゼロではないだろう。

オークションの形式も、入札価格を記載したメールを送る「クローズド」なタイプになっているので、周りにバレることもなさそうだ。

ちなみに、しらべぇの過去の調査では、「処女には価値があると思う」と答えた男性は、全体の35.5%存在。

「先生」と呼ばれる職業の人により多く見られることがわかっている。

果たして、入札をする富豪の先生が出現するのか、そして彼女は無事海外で医学を学ぶことができるのか。

・合わせて読みたい→ロシアの「世界で一番セクシーな医者」がイケメンすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年4月22日〜2016年4月25日?
対象:全国20〜60代の男性679名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)