フジテレビ伝説の料理『冷やし韓国』が美味!ネトウヨもソウルへ旅立つレベル

フジテレビ伝説の料理『冷やし韓国』が美味!ネトウヨもソウルへ旅立つレベル

フジテレビ伝説の料理『冷やし韓国』が美味!ネトウヨもソウルへ旅立つレベル

2011年にフジテレビが開催した夏のイベント『お台場合衆国』で、人気1位になった伝説の料理、『冷やし韓国』。

冷やした麺にトマトソースで味付けした『冷やしイタリア』などの美味しい料理を抑えぶっちぎりの販売数となったことから、韓国を嫌いな人たちによるデモに影響を与えたとも言われるほど、一世を風靡した。

あまりに冷やし韓国が美味しかったせいか、Twitterにも冷やし韓国の強烈なファンと思われる人が冷やし韓国のアカウントを作るほど、熱烈な人気がある。

冷やし韓国美味しかったよー

— 冷やし韓国bot (@hiyashikankoku) September 30, 2016

■冷やし韓国を食べてみたい

無類の麺類好きとしてはぜひ冷やし韓国を食べてみたいものだが、5年前のイベントメニューのためいま食べることはかなり難しい。

そこで、冷やし韓国を夏はよく作るという朝鮮忍者ファンで韓国マニアの女子・金本さん(仮名)に作り方を聞いたところ、以下のように詳しく教えてくれた。

■冷やし韓国のレシピ

・材料

・キムチ(韓国産・または川越シェフ監修のもの)

冷やし韓国という名前のとおり、可能であれば韓国産キムチを使用したいですが、無い場合は21世紀にもっともキムチの売り上げに貢献したと私が考えている川越シェフ監修のものであればOKです。

・麺(インスタント できれば辛ラーメンが望ましい)

韓国ではインスタントの麺が生麺より人気なので、本場感を出すならインスタントを使いましょう。

できれば辛ラーメンがいいですが、無い場合はマルちゃんの冷やしラーメンがタレもついているのでお勧めです。

・プルコギ(本場韓国の味と書いてあるもの)

スーパーで売っている味付け焼肉(プルコギ)を使いますが、本場韓国の味と書いてあるものを使うと本場感がさらに出て美味しく仕上がるでしょう。

可能であれば韓牛を使いたいところですが、税関で止められるので日本では無理です。

・作り方

まずは肉をフライパンで焼きます。江南スタイルを爆音でかけながら調理すると、韓国らしさが出て美味しく仕上がります。

次は麺を茹でて冷やします。袋に書いてある通りに作りましょう。

冷やした麺のうえにキムチとプルコギをのせ、タレを半分かけてお好みでネギを散らせば完成です!

■かなりウマい冷やし韓国

実際に言われたとおりに作ってみたところ、冷やし中華のタレのおかげで単体だとあぶらっこくなりがちな安い味付け焼肉をサッパリ食べられる。

さらにキムチの辛味で食欲が増進されるため、夏バテしがちな暑い日でもペロッと食べられる完成度の高い冷やし麺だ! コリアウメェ!!

あまりの美味しさに韓国が大嫌いなネトウヨもソウルへ旅立って本場の冷やし韓国を食べに行ってしまうレベルである。

■冷やし韓国で暑い日を乗り切ろう

秋らしくなってきたとはいえ、まだまだ暑い日もある。材料もスーパーで簡単に手に入るものばかりなので、暑い日は『冷やし韓国』で、涼しくランチを摂ってみてはいかがだろうか。

あわせて読みたい→「イケア」「ゴディバ」は通じない! 意外な英語の落とし穴

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ)

関連記事(外部サイト)