「月9」がついに終了する?衝撃の噂にファンは何を思うのか

「月9」がついに終了する?衝撃の噂にファンは何を思うのか

「月9」がついに終了する?衝撃の噂にファンは何を思うのか

※画像はフジテレビHPのスクリーンショット

フジテレビを代表するドラマ放送枠「月9」。

90年代『東京ラブストーリー』のヒットをきっかけに『101回目のプロポーズ』、『ひとつ屋根の下』など30%を超える視聴率を連発し、若者の絶大な支持をえた。

出演者も時代を代表するイケメン俳優と人気美人女優ばかりで、月9に出ることがステイタスといわれるほど。

しかし最近はその現実離れした世界観が時代の流れに取り残されているとの指摘があり、視聴率も低迷している。

■月9に終了の噂

そんな月9ドラマに、終了の噂が。数字がとれない現状に大手スポンサーが痺れを切らし、降板する可能性があるというのだ。そうなると高額な出演料を捻出できなくなるため、終了の恐れも。

仮に事実の場合、フジテレビは大きなピンチに陥る。SMAPの解散により『SMAP×SMAP』の終了が決定しているだけに月9も失うことになると、大打撃を受けることは間違いない。

確定したわけではないが、『笑っていいとも』や『ごきげんよう』が事前に噂が流れ、そのまま終了となっているだけに、事実である可能性も否定できない。

■かつてほどの人気はないが...

人気低迷といわれるが、本当にそうなのだろうか。7月に実施した「今クールのテレビドラマでもっともみたいのは?」という調査で、月9の『好きな人がいること』と答えた人は16%存在

かつてなら確実に1位争いをしていたことは間違いないだけに寂しい結果にも思えるが、期待している人も存在。やはり終了させてしまうのはもったいない気もする。

しかし大手スポンサーが離れてしまっては、制作費を捻出することは不可能だ。番組枠存続のためにはやはりある程度の視聴率が必要になると思われる。

■ファンに話を聞いた

月9をよく視聴するというAさんに話を聞いてみた。

「最近内容がワンパターンですよね。少し前は『信長協奏曲』や『ガリレオ』、『ビブリア古書堂の事件手帖 』など恋愛以外のドラマも放送していたけど、今年はほとんど昔のような現実離れした若者向けの恋物語ばかりで、ゲンナリ。

ただ月9を終了してバラエティになるのも、ちょっと寂しい。それに最近のフジテレビじゃ面白い番組は作れないのでは。個人的には『牡丹と薔薇』や『赤い糸の女』に代表される昼ドラテイストのドロドロした物語を放送してはどうかと思うのですが、スポンサーが大手だと難しいかもしれません。

とにかくもう少し若者以外も興味を持てるようなドラマを放送してほしい」

月9枠に未来はあるのだろうか。

・合わせて読みたい→月9『ラヴソング』が低迷も ヒロインの過去の出演歴が話題

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20代〜60代の男女1359名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)