【超コスパ】ローソン『150円中華定食』の裏技!実際に作ってみた結果…

【超コスパ】ローソン『150円中華定食』の裏技!実際に作ってみた結果…

【超コスパ】ローソン『150円中華定食』の裏技!実際に作ってみた結果…

1度のランチにいくらかけるか?」という問題は、誰にとっても悩みどころであろう。

最近ではワンコインランチ(500円)を実施する飲食店も増えたが、それでも計算すると1ヶ月で約15,000円、1年間続けば18万円まで膨らむ大きな数字だ。

そんな中、二人組で150円ずつ出しあい、3つの食材をローソンで買うと「150円定食になる」というウワサを聞きつけ、取材班はさっそく行ってみることに。

ふふふふ記者に「何も聞かずに150円を託してくれッ」と懇願。

準備は万端だ。

■1食150円だと...!?

冷凍食品コーナーで、中華の三大定番「餃子・チャーハン・ラーメン」を購入する。

ラーメンは醤油・味噌・塩の3種あるが、驚いたのはその価格。なんと1食100円(税別)なのである。

焼餃子も100円(税別)...! まさか、となりに陳列される「たこ焼き」も100円!? と期待したが、こちらは178円だった。

チャーハンもゲット。

握りしめていた300円(1人150円×2人分)で会計を行なう。ここから消費税24円が加算されるが仕方がない。

■調理開始

冷凍食品なので調理もなにもないが、さっそく定食作りを開始。ラーメンは、内袋のままレンジで3分ほど麺を加熱。付属のスープにお湯を入れて待つ。

残りの餃子とチャーハンに至っては、レンジでチンするだけである。たった数分間で定食の完成だ。

150円を託してくれたふふふふ記者にも定食をシェアしたところ...

「え...これマジで1人150円ですか!? 見た目だけでも最低400円くらい払えますよ。

ラーメンは、高速道路のサービスエリアで食べる味ですね。150円にしては充分だと思います。ただ、炭水化物ばっかなんで野菜もあると嬉しいかも...」

と興奮気味。そこで、記者も食べてみることに。

餃子は、しっとりとしており餡の味も普通にウマイ。

チャーハンは、ふたりでシェアしてもボリューミーなほどの分量、ラーメンは麺の品質も良く、温かいスープが身体をあたためてくれた。

食費を抑えたい日には、仲間内でコンビを組みこちらの「裏技中華定食」を作ることをオススメする。

・合わせて読みたい→本日発売! ローソンのkiriレアチーズクリーム入りミニクロワッサンを実食

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子)

関連記事(外部サイト)