何に期待してる!?60代男性の3割「デート前に下着を履き替える」

何に期待してる!?60代男性の3割「デート前に下着を履き替える」

何に期待してる!?60代男性の3割「デート前に下着を履き替える」

tatchai /iStock/Thinkstock

パートナーと愛を育むひとときは、誰にとっても大切な時間。

定番の映画や水族館、どちらかの自宅を利用するなど、過ごし方は人それぞれだが、特別な時間に備え「下着を履き替える儀式をする人」が世の中にはいるらしい。

■男性は歳を重ねるごとに増加の傾向

しらべぇ編集部では20代〜60代の男女1,365名を対象に「デート前に下着を履き替えることがあるか?」調査を実施。

その結果、男性の22.1%、女性は20.9%の人が経験者という結果に。

男性は、年を重ねるごとに「履き替え経験」が増加しており60代では3割を越える結果に。

単純に身体を清潔にしておきたいと考える人もいるだろうが、配偶者をはじめとする女性と「今回のデートで一線を越えるかどうか」を見計らい、念のため綺麗な下着に履きたいと願う現役の肉食系紳士が多いのだろうか。

また女性は30代の割合がもっとも高く、4人にひとりが「履き替えることがある」という結果に。

■高年収は下着への意識が高い?

年収別にみると興味深い結果が。

年収700万円以上の人は、年収300万円未満の人に比べ10ポイント以上「履き替え派」という結果に。高年収になるほどパートナーと過ごす際の「清潔感」を気にしているようだ。

■下着を常備している人も

編集部では「恋人とのデートの際は下着を履き替える」という20代の女性に話を聞いた。

「近頃は急な宿泊などに対応できるようコンビニでもパンティーが売っていますが、私は透明なタッパーに入れていつもショーツを携帯しています。

彼氏に呼び出され夜からご飯デートになったときなど、必ず集合先の駅で履き替えます。

クタクタに働き1日の汚れが染み付いたショーツで会うわけにはいかない、という気持ちが強いですね。夜の営みにも備えてキレイなものを履くと、清潔感のある女子を演出できる気がします」

あくまで自分のために清潔感を保つ人もいれば、パートナーにバレないように影で努力している人もいるようだ。

・合わせて読みたい→60代男性の4割が「夜」も現役 しかし悲劇的な男女差も

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)