今の男は料理できて当然?世代間の差におふくろの味が関係か

今の男は料理できて当然?世代間の差におふくろの味が関係か

今の男は料理できて当然?世代間の差におふくろの味が関係か

主婦向けの生活誌『サンキュ!』の調査によると、主婦誌を読む男性が5年で3倍に増加。しかも、必要にせまられるのではなく、自ら楽しんでいる男性が多いそうだ。

そこで、しらべぇ編集部では全国の20〜60代男女1,365名を対象に、男の料理について調査を実施した。

■半数が今の時代、男は料理ができて当然だと思っている

「今の時代、男は料理ができて当然だと思う」と回答したのは、全体の48.2%。およそ半数は、料理ができない男に偏見を持っている。

男女別では、料理できて当然だと考える人が男性で41.5%、女性で55%と、13ポイントも差がついた。

しかし、年代別で集計すると特徴が表れる。

20代は、3割程度と少なく。男女差も小さい。しかし、年齢が上がるにつれて、男は料理ができて当然と思う人の割合が高くなっている。女性の割合の伸びが大きく、60代女性では7割を超えている。

■20代の「男は料理できて当然」と思う割合が低い理由

では、なぜ20代は「男は料理できて当然」と考える人が少ないのだろうか。

編集部では全国の20〜60代男女を対象に、「味噌汁を作ったことがある」か、調査を実施した。

20代女性は1割以上が味噌汁を作った経験なしと回答している。

結果から、20代女性は男女関係なく、料理ができること自体が当然ではないと考えられる。

一方、20代男性は30代や40代よりも料理をする人が多く、料理ができて当然だと思っている人は少ない。

他人がどうであれ、自分が料理好きならする、苦手ならしない。若者の多様性をあらためて実感する結果となった。

・合わせて読みたい→女性の62.1%が「料理が上手な男性はポイント高い」 納得の事例も集まる!

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)