世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」が日本へ上陸

世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」が日本へ上陸

世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」が日本へ上陸

画像出典:「Spotify」Webサイト

1億人が利用する世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が9月29日、日本でのサービスをエントリー制でスタートさせた。

■Spotifyとは

Spotify社は、2006年にスウェーデンで創業。2008年にヨーロッパで音楽配信サービスを開始して以来、各国にサービス提供網を広げてきた。日本は60カ国目。日本法人の設立は2012年で、4年かけて音楽市場のリサーチしてきたという。

■無料でも楽しめる

?ぱくたそ

同サービスは、会員になることで全楽曲を楽しむことができるシステム。

会員プランは無料の「フリープラン」(広告あり)と定額制の「プレミアムプラン」(広告なし、月額980円)の2プランで、楽曲は、J-POPやJ-ROCKをはじめとする4000万曲以上を用意する。パソコンのほかスマートフォンやタブレットでも再生ができ、iOSとAndroid向けにアプリの提供もある。

フリープランの会員がタブレットとパソコンで利用する場合では、30日ごとに15時間のオンデマンド再生が可能。スマホで利用する場合では、アーティスト別/アルバム別/プレイリスト別に楽曲は常にシャッフルで再生される。「歌詞表示機能」もあり、同機能は各国に先駆け日本での提供が初めてになるということだ。

プレミアムプランでは画面に広告の表示がなくなるほか、高音質での視聴やオフライン再生もできるようになる。

■トップの手腕に期待も

日本法人でゼネラルマネジャーを務めるのは、元・アマゾンジャパン株式会社 バイスプレジデントでKindle事業本部の玉木一郎さん。前職での手腕を生かしつつ、先行する競合サービスを相手に日本市場へどれだけ食い込んでいけるかという点でも注目を浴びそうだ。

なお「しらべぇ編集部」の調査によると、「音楽ストリーミングサービスを知らない・よくわからない」という人の割合は36.2%。需要を掘り起せるだけの余地は、まだまだある。

「Spotify」の利用は現在のところエントリー制。まずWEBサイトへアクセスして招待コードをリクエストする必要がある。コードは順次、提供していく予定だという。

・あわせて読みたい→「音楽ストリーミング」ってどうなの? 利用者の満足度は

(文/しらべぇ編集部・上泉純)

【調査概要】?方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,376名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)