健康面だけじゃない?寝間着に着替える人にすごい共通点が

健康面だけじゃない?寝間着に着替える人にすごい共通点が

健康面だけじゃない?寝間着に着替える人にすごい共通点が

whitetag/iStock/Thinkstock

「寝間着ばなれ」が進んでいるという。スウェットの上下やイージーウェアが簡単に手に入るので、パジャマも部屋着も一緒! なんて人は多いのでは。

そこで、しらべぇ編集部では「寝る前にきっちり寝間着に着替えている」人について調査し、その効用について考えてみた。

■女性の多くは「寝間着派」

男女年代別に「寝間着に着替える」人の率を表したのが次のグラフ。

割合は異なるが、全ての年代で男性より女性のほうが寝間着に着替えているのだ。

お肌のために大切な睡眠。美容に関心の高い女性は、睡眠の質を上げるためにきちんと寝間着を使っているのかも。

■「寝間着派」は健康的?

あるメーカーの調査によると、寝間着に着替えることで寝入るまでの時間を短縮でき、夜中に目覚める回数が減るという。

寝間着に着替えるメリットは以下の3点。

(1)寝間着に着替えることで「眠る」「起きる」のメリハリがつく
(2)寝間着は寝返りなど睡眠中の体の動きに無理なく作られている
(3)寝間着の素材は睡眠中の汗を吸収し、不快感を低減する

しかし、わざわざ着替えるのはめんどくさい...と思う人もいるはず。そこで、寝間着と健康との関係について見てみよう。

男性は健康への満足度が高い人ほど、寝る前に着替えているのだ。やはりいい睡眠は健康につながり、そのためには寝間着が大切なのだろう。

■そのほかの寝間着との関係性

部屋着のまま寝てしまう人が、着替えたくなるデータはほかにも。

男性では「同世代の中では出世している」人のほうが寝間着派が14ポイントほど高く、51.3%。そして「今の生活が幸せ」かどうかとの関係を見てみると...

男女ともに、「幸せ」な人のほうが寝間着派が多い。特に男性では10ポイント以上の差がついている。

寝間着に着がえないよりは着がえたほうが、得るものは大きいと言えそうだ。

・合わせて読みたい→男性が萌える寝間着ってどれ? 【人妻みひろコラム】

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)