人は見た目で判断できる?不幸を呼んでしまう恐れも…

人は見た目で判断できる?不幸を呼んでしまう恐れも…

人は見た目で判断できる?不幸を呼んでしまう恐れも…

RyanKing999/iStock/Thinkstock

人を見た目で判断してはいけないとはいうものの、「優しそう」「怖そう」など思ってしまいがち。しかし、その印象が必ずしも正しいわけではない。

そこでしらべぇ編集部では「人は見た目がその人の多くを語っていると思う」かどうか調査してみた。

■2人にひとりが見た目を重視

調査の結果、47.4%が「見た目がその人を語っている」と回答。半数近くの人はそう思っているようだ。

より細かく、生活志向の違いで見てみると気になる違いが。

冒険をしない「安定志向」の人のほうが「人は見た目」の回答が多いのだ。ちょっとでも危険を感じたら近づかないようにしてしまうのかも。

一方の「安定志向ではない」人は外見にとらわれず、まずは中身を知らないと判断できない! と考えているようだ

■「見た目」で判断する相手選び

結婚の満足度の違いでまとめたのが次の結果。


結婚して幸せな人のほうが、離婚したいと思っている人よりも「見た目」を重視している傾向が読み取れる。ということは、見た目は意外と判断材料になるのかもしれない。

そこで浮気との関係を表したのが次のグラフ。

浮気をしたことがある人は「人は見た目」の回答が多い。浮気相手を選ぶときも、見た目で「こいつはいける」「揉めなそうだ」などと判断しているのかも。

一方、浮気は許せない人も見た目で判断しているよう。

この2人が出会ってしまったら...お互いに「この人はやめておこう」と感じ取れるのか。ちょっと不安になる結果だ。

見た目ももちろん大事だが、きちんと話してみると違うことも多い。「いい人そう」な人に、だまされないように。

・合わせて読みたい→見た目と性格にギャップあるって言われない?」女なら誰にでも口にするワル男の手口

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)