「付き合う=結婚」ではない?違う基準で選んでいる人も

「付き合う=結婚」ではない?違う基準で選んでいる人も

「付き合う=結婚」ではない?違う基準で選んでいる人も

Tomwang112/iStock/Thinkstock

好きな人とお付き合いをしたら、やっぱり考えるのが結婚だろう。「子供は何人欲しい?」なんて話をしたり、妄想は膨らむばかり。

しかし、世の中には「付き合う人と結婚相手は別」と考えている人もいるよう。

■ある年代で跳ね上がる

しらべぇ編集部が調査したところ、「付き合う人と結婚する人は別」と思っているのは32.9%。なんと3人に1人はそんなことを考えながらお付き合いしていたのだ。

ちょっと切なくなる結果だが、男女年代別で見てみるともっと辛い現実が。

女性の30代、男性の40代に何かあるとしか思えない結果に。

30歳前後が平均初婚年齢と言われており、その手前である20代が一番低い数字になっている。また、女性の方が結婚に焦りを覚える年齢が早い。

30歳を過ぎた女性、そして40歳を過ぎた男性はお付き合いをする人ではなく、結婚相手を探すのかもしれない。

また、「お見合い結婚」が全盛だった人たちにとっては、そのイメージが強いのかも。

■いじめっこのほうが...?

ちょっと気になるのが、このグラフ。

他人をいじめた経験がある人ほど、付き合う人と結婚する人は別だと考えているのだ。

いじめの原因としてよく挙げられるのが「自分より下の人間を作りたい・一番下になりたくない」という思い。

もちろん一概には言えないが、自分は選ぶ立場だとどこかで思っているのかもしれない。

■なぜ区別するのか?

実際に、「お付き合いと結婚は別!」派の人に話を聞いた。

「お付き合いするだけであれば、一緒にいて楽しくて、趣味があって...今の自分が幸せかどうかで相手を選べます。

でも、結婚するとなると話は別。性格や相性はもちろんですが、家のこと、収入、将来設計...未来の自分が幸せになれる相手を選ばないといけない。打算的だって言われるかもしれないけれど、結婚ってそういうことだと思います」(30代女性)

「付き合うだけなら可愛くて若い子。結婚するなら家庭的な子! 遊びと本命ってわけじゃないけど、みんなそうでしょ」(20代男性)

気持ちはわからなくもないが、「あの時結婚できなかったのって...」と悩んでしまう結果だ。

・合わせて読みたい→独身時代に遊んだ人ほど? 理想通りの相手と結婚できた人たち

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日?
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)