阿蘇山が噴火 雨雲レーダーに映った噴煙は遠く北東方向へ

阿蘇山が噴火 雨雲レーダーに映った噴煙は遠く北東方向へ

阿蘇山が噴火 雨雲レーダーに映った噴煙は遠く北東方向へ

8日未明、熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。

【噴火速報】8日01時46分頃、阿蘇山で噴火が発生しました。周辺にいる方は、ただちに身を守る行動をとってください。

― 内閣府防災 (@CAO_BOUSAI) 2016年10月7日

阿蘇山の噴火警戒レベルは、ただちに3(入山規制)に引き上げられている。

【火山情報】8日01時55分、阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3 入山規制 引上げ)が発表されました。今後も、噴火が発生する可能性があります。地元自治体等の登山禁止・入山規制等の指示に従い、危険な地域に立ち入らないでください。

― 内閣府防災 (@CAO_BOUSAI) 2016年10月7日

■雨雲レーダーに映る噴煙と思われる影

画像はtenki.jpのスクリーンショット

日本気象協会が公開している雨雲レーダーの映像には、噴火直後から阿蘇山の直上に影が発生。

拡大すると、火口の真上であることがよくわかる。

画像はtenki.jpのスクリーンショット

噴煙と見られる影はその後、北東方向へ移動している。

画像はtenki.jpのスクリーンショット

噴火から30分後には、この影は大分県内に移動。

画像はtenki.jpのスクリーンショット

被害や影響が広範囲にわたることが予想される。

画像はtenki.jpのスクリーンショット

阿蘇山周辺は、4月14日以降に起きた地震の爪あとがいまだ深く、さらなる影響も懸念される。気象情報にはじゅうぶんご注意いただきたい。

・合わせて読みたい→これは行きたい!熊本地震で被災した益城町の商店が「屋台村」を開設

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

関連記事(外部サイト)