将棋棋士・三浦弘行九段に「スマホ不正」疑惑!ファンは困惑

三浦弘行九段が渡辺明竜王との将棋竜王戦に出ず丸山忠久九段が出場 疑惑にファン困惑

記事まとめ

  • 三浦弘行九段が渡辺明竜王との将棋竜王戦に出場せず、丸山忠久九段が出場すると発表
  • 三浦弘行九段は、将棋連盟によると対局時にスマホを使い検討した疑いがあるという
  • 三浦九段のスマホを使った疑惑について、ファンからは不正の証拠を求める声も

将棋棋士・三浦弘行九段に「スマホ不正」疑惑!ファンは困惑

将棋棋士・三浦弘行九段に「スマホ不正」疑惑!ファンは困惑

将棋棋士・三浦弘行九段に「スマホ不正」疑惑!ファンは困惑

※画像は竜王戦中継ブログのスクリーンショット

12日、日本将棋連盟が15日から開催予定の将棋竜王戦に挑戦者として対局予定だった三浦弘行九段が出場せず、挑決で敗れた丸山九段が出ることになったと発表。

前代未聞の事態に、ファンは戸惑いを隠せない状況だ。

■対局時にスマホで検討か

将棋連盟の発表によると、三浦九段が対局の終盤に離席を繰り返していたこと、戻ってきた後に指した手がことごとくソフトの最善手と一致することから、スマホにインストールされたソフトで検討した疑いがあるという。

11日に本人に聞き取り調査をしたところ、当人が否定したうえ「疑念をもたれた状態では将棋を指せない。休場したい」と申し出。

12日までに届けを提出するように指示したが、音沙汰がなかったため年内出場停止処分とし、竜王戦の挑戦権を事実上剥奪した。

13日の連盟会見では対局した5人の棋士から調査依頼があったことなどが明かされたが、明確な証拠はでていない。さらに本人は「やっていない、濡れ衣」と否定している。

将棋界はスマホなどの電子機器の持ち込みを制限する規則はなく、性善説をとっていた。最近になって電子機器のロッカー預かりと外出禁止を定める規則が制定されたばかり。

■実力者の三浦九段が本当に不正をしたのか?

三浦弘行九段は七冠時代の羽生善治現三冠から棋聖のタイトルを奪っている実力者。非常に研究熱心な棋士として知られており、その勉強量は棋界一といわれる。

将棋界のトップクラスであるA級に15期在籍しているほか、NHK杯でも優勝。さらに昨年は公開対局として開催されるJT杯・将棋日本シリーズでも優勝しており、今季もA級に。

ソフトに頼らなくても十分に強い棋士である。

また、最近はニコニコ生放送の中継でユニークなキャラクターを披露し「みうみう」と呼ばれ人気となっていた。そのような実力と人気を兼ね備える棋士が本当に不正を働いていたのだろうか。

■ソフトの棋力は上がっているが...

現在将棋界は棋士とソフトが対局する「電王戦」が開かれ、棋士が苦戦している状況だ。

今年行われた山崎叡王対Ponanzaの対局前にしらべぇ編集部が行った調査でも「ソフトが勝つ」と考えている人が圧倒的で、対局でも人間が敗北している。

しかしこれはあくまでもスペックの整ったマシンを用いていることが前提。スマホの将棋ソフトがA級棋士の読みを上回るかについては疑問といわざるをえない。

三浦九段は沈黙を守っており、今後は弁護士と相談するとのこと。『3月のライオン』や『聖の青春』などで将棋ブーム到来を予感させていただけに、ファンは不透明な事態に落胆している。

■将棋ファンに聞いてみた

将棋ファンに話を聞いてみた。

「連盟は事実関係と明確な証拠があるなら明示して欲しい。ないのなら中途半端な報道はするべきではなかったと思います。個人としては三浦先生の潔白を信じています」(20代女性)

「将棋ファンとしてテレビなどで不正ありきで報じられることや、三浦九段を茶化すような論調になっているのが不愉快で、モヤモヤしています。

これだけの処分をしたということは証拠があるはず。ソフトを使っていたのなら年内出場停止処分は甘すぎるし、疑念だけで挑戦者を剥奪したのなら異常だと思います。とにかく明確にしてもらいたい。ファンが減りますよ」(30代男性)

将棋連盟と三浦九段の今後の対応が注目される。

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月20日〜2016年2月24日
対象:全国20代〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)