カレーフェスで沸く下北沢 1日分の野菜が摂取できる名店『SAMURAI』

カレーフェスで沸く下北沢 1日分の野菜が摂取できる名店『SAMURAI』

カレーフェスで沸く下北沢 1日分の野菜が摂取できる名店『SAMURAI』

ライブハウスに古着屋に演劇にゲームセンターにABCマート。下北沢にはさまざまな文化が存在するが、「カレー」もまたそのひとつだろう。

そんな下北沢で毎年10月に10日間にわたって開かれるのが『下北沢カレーフェスティバル』だ。

カレーマップを片手に、多くのカレー愛好家、愛飲家たちがスタンプラリーを行なう。

店先から漂うスパイスの香りに一度誘われれば、もう元の世界(カレーを外食で食べない世界)に戻ることは難しい。

さて、今年度は142店舗が参加するこの祭りにおいて、女性からとくに人気の高い一軒のお店を紹介しよう。

■コンセプトは「1日分の野菜を食べる」

下北沢駅から5〜6分ほど歩いたところにある『路地裏カリィ侍.下北沢店』。北海道発のスープカレーのお店で、道内に5店展開する人気チェーン店だ。

このお店のコンセプトは単純明快かつ、大胆。それは「1日分の野菜を食べる」というもの。

この街では今まで数多くのミュージシャン、演劇人たちがビッグマウスを放ってきたはずだが、カレー1杯で1日分の野菜というのも、なかなかのビッグマウス具合である。

トッピングは豊富。色んな野菜や魚介類の名前が書いてあり、虚弱体質の記者は見ているだけで健康になれそうである。

注文したのは「一日分の野菜20品目」(1250円)。辛さは普通だが、「子供並に辛いものが苦手」な人は、ココナッツをスープにトッピングするのがオススメ。

ちなみに記者はそれだけでなく、飲み物にラッシーを注文した。

なんと艶やかな野菜たちだろう。血色がいい。確実に記者より顔色が良い。

(※記者)

横から見るとこんな感じ。

カレー部分が見えないくらいに野菜が多いので、一瞬「野菜炒めを注文したか」と思ってしまいそうだ。

さて、実際にご飯をスープに浸して一口食べると......う、ウマすぎるやないか(笑)

辛さは普通のはずだが、それでも少しピリ辛。しかし、野菜のウマみ、甘さがたっぷり出ていて、辛さに打ち勝ってしまう。

野菜はスープ1杯に100グラム入っているという。これだけ山盛りなのに、スープにも大量の溶け込んでいるのだ。

そのため、スープカレーにしては、ドロっと粘度の高いスープという印象だ。

レンコン。瑞々しくも、良い意味で土臭さが残った味わい。これは実際に「土の味がする」とかそういうものではなく、無骨な味わいがあるという意味だ。

ごぼう。思わずにやっとしてしまうウマさである。丸ごと1本使っているので、写真の中に入れるのも一苦労だ。

トマト。頬張るや否や、果肉の甘みと心地よい温度が口の中いっぱいに広がる。

完熟とはまさにこのこと。こんな最期を迎えられたなら、トマトもさぞ幸せなことだろう。

オクラも素晴らしくウマい。青臭さは一切なく、ネバトロが口の中でまた違った刺激をくれる。

このカレーには肉は入っていなかったため、最初は「チキン入り(230円+)にしておいたほうが良かったかな?」と思ったのだが、その心配はお茄子が完全に払拭してくれた。

肉汁がジュワッと、こぼれるのではと不安になるくらい広がる。ちょっと待て肉汁よ、吾輩の口の準備がまだできていないぞ!

■笑ってしまうくらいの美味しさ

本当に美味しいものを食べたとき、人はどんな反応をするのか?

人によって違いはあるだろうが、記者は過去に「(他の人と一緒に来ているのに)全員が無言になって黙々と食べる」「ウマすぎて思わずニヤリと笑ってしまう」というのを経験したことがある。

このお店の場合、取材班は前者であり、後者だった。それほど、野菜のひとつひとつが、スープの一口一口が味わい深いのだ。

そして、「ウマい」の言葉だけじゃ足りない、失礼な気になって、またすくってしまう。それを繰り返すうちに、すっかり完食している......

同行者も無言でニヤニヤ笑いながら食べていたので、周囲から見れば不審者チックに見えたかもしれないが、そんな箸の、いやスプーンの進み方もあるのである。

■東京は3店舗 さらなる拡大を希望!

なおこのお店、8月に吉祥寺店を開業し、神楽坂店を含め、都内では3店舗になったそうだ。

味も「1日分の野菜を食べる」というコンセプトも、女性客はもちろん、ビタミン不足な現代人にはぴったりなので、さらに広がっていくのは間違いないだろう。

【路地裏カリィ侍.下北沢店 】
住所 東京都世田谷区北沢3-31-14
営業時間 ランチ 11:30〜15:30 L.O 15:00/ディナー 17:30〜22:30 L.O 22:00

・合わせて読みたい→無印良品の『バターチキンカレー』がリニューアル!旧商品と食べ比べてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・岡本拓)

関連記事(外部サイト)