これは怖い!世界で最も過酷なダウンヒルレースのスリリングなライダー視点映像

これは怖い!世界で最も過酷なダウンヒルレースのスリリングなライダー視点映像

これは怖い!世界で最も過酷なダウンヒルレースのスリリングなライダー視点映像

※画像はYouTubeのスクリーンショット

世界で最も危険で過酷とも言われるMTBダウンヒルレースRed Bull Hardline(レッドブル・ハードライン)2016のコースを、プロライダーのダン・アサートンが下っていく様子を捉えたGoPro映像。

ライダーの視点から見る高速ダウンヒルの映像はスピード感とスリル満点。

■コースの大半は道なき道

Red Bull Hardlineはその名が示す通り、ダウンヒルレースの中でも道なき道を走る過酷なコースで知られている。

今回のウェールズの山中にコースをデザインしたのはダン・アサートンその人。しかし、自ら作ったコースだから楽勝などということはないようだ。

■一歩間違えれば大怪我の激ムズコース

険しい山道を下りゴールに辿り着くまでにかかる時間はおよそ4分弱。

石だらけのゴツゴツした道や細い木々の生い茂る林道、大きな岩やギャラリーを飛び越えての大ジャンプなど、走破するにはダウンヒルのあらゆるテクニックが必要となる。

ダン・アサートンの慎重なコース取りは、裏返せば事故と紙一重ということ。マイク越しの激しい息遣いからも緊張感が伝わってくる。

■去年に比べれば簡単?しかし...

最終的に勝利を収めたのは、前回のハードラインで3位だったバーナード・カー。昨年の優勝者であるルアリド・カニンハムに2.4秒の差をつけての優勝となった。

コースをデザインしたダン・アサートンが肩を骨折し、決勝戦に無傷のレーサーが8人しか残らなかった昨年のハードラインに比べれば、今年のコースは“優しく”なったのかもしれない。

それでも、映像を見る限り世界で最も過酷なダウンヒルレースの1つには違いないのではないだろうか。

・あわせて読みたい→「ニンジャH2R」と「GT-R」などがドラッグレース!勝利したのは...?

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

関連記事(外部サイト)