ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞!歌手の受賞に驚きの声も

ボブ・ディラン氏のノーベル文学賞受賞に対し、Twitter上で驚きの声

記事まとめ

  • シンガーソングライターのボブ・ディラン氏が2016年のノーベル文学賞を受賞した
  • Twitter上で驚きの声があがり、茂木健一郎氏ら著名人も祝福のツイートを寄せている
  • また、小説ではなく詩で受賞したことについても言及しているつぶやきも出ている

ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞!歌手の受賞に驚きの声も

ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞!歌手の受賞に驚きの声も

ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞!歌手の受賞に驚きの声も

日本時間の10月13日、米国のシンガーソングライター、ボブ・ディラン(75)が2016年のノーベル文学賞を受賞した。

■ボブ・ディラン 略歴

ボブ・ディランは1941年米国ミネソタ生まれ。1962年にレコードデビューし、「風に吹かれて」のヒットなどにより若者を中心に、ビートルズとならぶ人気を得る。

1997年には新作がグラミー最優秀アルバム賞に選出されるなど、長年にわたり活躍を続けており、2016年4月には8度目の来日公演「BOB DYLAN AND HIS BAND Japan Tour 2016」を5都市16公演行った。

ノーベル賞公式サイトでは受賞理由として、「偉大なアメリカの歌の伝統のなかに新しい詩的な表現を作成したため」と記載されている。

なお、しらべぇで既報のとおり、村上春樹氏は受賞を逃している。

■Twitterの反応は?

Twitter上では、ボブ・ディランの受賞に驚きの声が目立つ。脳科学者・茂木健一郎氏など著名人もいち早く受賞の一報に反応し、お祝いのツイートを寄せている。

ボブディランがノーベル文学賞(^^)びっくりです(^^)
風に吹かれては名曲^ – ^

— 拓ボッサ (@takubossa) October 13, 2016

ノーベル文学賞、ボブ・ディラン!!!!!! すごく画期的な選考!!!! ブラボー!!!!

— 茂木健一郎 (@kenichiromogi) October 13, 2016

ボブ・ディランにノーベル文学賞!
最高かよ!

— 常見陽平 (@yoheitsunemi) October 13, 2016

また、「ボブ・ディラン」を知らない人や、それを嘆くツイートも見受けられた。長年のファンにとっては、ダブルの涙を流している人もいるようだ。

実はボブディランよく知らない。歌手の人?

— おすず (@osuzu3276) October 13, 2016

ボブディラン?

誰か知らないが、ノーベル賞なんだ!

— yoshitaka (@44taka46) October 13, 2016

「ボブディランって誰?」っていうツイートを幾つか発見して涙を流すおじさんと化してる。

— ジミー長友 (@Rikupage) October 13, 2016

さらに、小説ではなく詩で受賞したことについても言及しているつぶやきが見られた。

ボブ・ディランは詩が評価されたらしい。
確かに彼の歌詞は心を打つけど。今更と思うのは俺だけ?

小説ばかり考えてたけど、ポエムやエッセイもありやな。

文学は深い。#ノーベル文学賞

— バウアーヤマジ@我々クラスリーダー (@mediays) October 13, 2016

ボブ・ディランの素晴らしさは分かるけど、どこでどういう議論をしたら、ノーベル文学賞になるのだろう。もっとも、詩の世界での評価を僕が知らないだけかもしれない。小説が好きでも、詩を読まない人はいくらでもいるからね。

— 八十田博人(Hirohito Y. ) (@yasodah) October 13, 2016

ボブ・ディランにノーベル文学賞を、というのは数年前からちらほら聞いていたけど、本当に受賞になったとはちょっと驚き。でもいいね。彼の歌詞は「詩」だから、小説ではなく「詩」の表現に興味を持つ人が増えてほしいと思う。

— miwachan (@mschawppesoul) October 13, 2016

■ボブ・ディランの処女文芸作に触れる

ボブ・ディランの「新しい詩的な表現」とは、どのようなものなのだろうか。現在電子書籍などで配信されている『タランチュラ』(片岡義男・訳/KADOKAWA)で簡単に楽しめることができる。

画像出典:Amazon

23歳のボブ・ディランによる処女文芸作品。1973年に販売された書籍を2014年に復刊させている。

今もなお支持されるボブ・ディランの詩の世界を、秋の夜長とともに。

・合わせて読みたい→村上春樹、ノーベル文学賞逃す ネット民は一斉に「やれやれ」

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

関連記事(外部サイト)