新垣結衣ドラマ『逃げ恥』が好評 情熱大陸パロディが話題に

新垣結衣ドラマ『逃げ恥』が好評 情熱大陸パロディが話題に

新垣結衣ドラマ『逃げ恥』が好評 情熱大陸パロディが話題に

11日に放送開始となったTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

大学院卒にも関わらず無職になってしまった主人公・森山みくり(新垣)と、30代の奥手エンジニア津崎平匡(星野源)が契約結婚をするという内容の作品なのだが、その演出が「斬新だ」「面白い」と話題になっている。

■妄想で『情熱大陸』に出演

昨日の放送は、ドラマの冒頭部分から『情熱大陸』を思わせる演出で開始。カメラワークやテロップ、ナレーションなどもすべて同じという、局が同じだからこそできる作り込みだった。

視聴者の中には面食らった人もいるようで、Twitter上では「普通に『情熱大陸』かと思った」「びっくりした」などの声が多数確認できる。

#逃げ恥 全部が情熱大陸風だったぜ#ガッキー が自分の部屋の掃除してくれるとか最高じゃん#真野恵里菜 もヤバ美しいな pic.twitter.com/pzWJ9DcQdp

― 歴男R.de-medici世界平和の為に (@328773377pirate) 2016年10月12日

録画したガッキーのドラマ見始めたけど冒頭いきなり情熱大陸で笑った

― まうゆうとい (@udooooon221b) 2016年10月12日

情熱大陸を初めて見て、ドラマだと知らなくて派遣OLが特集されてるな、ガッキーに似た美人だなって思ってた。

― ひだり (@left_urouro) 2016年10月12日

しかし、ストーリーが進むと、それがみくりの妄想なのだとわかる、という仕掛けだ。

ドラマ中盤で、みくりが津崎の元で働くことが確定したときには、テロップの職業名もそれに変わるなど、いちいち細かい。

さらにその後、一瞬『プロフェッショナル〜仕事の流儀〜』(NHK系)を想起させる演出に変わり、スガシカオの主題歌も流れたか、これは他局のせいかすぐに終わった。

どうやら、主人公のみくりはかなりの妄想癖のようで、なにかと自分主演の番組を空想してしまうキャラのようだ。

■『情熱大陸』に出る妄想 経験者は13%

ガッキーのドラマに出てくる情熱大陸の妄想。自分も良くやる。恥ずかしい。

― 魔神クマオ (@dori_kumao) 2016年10月11日

番組を視聴していたネット民の中には「自分もよくやる」と同意を示す人も散見されたが、果たしてガッキーと同じくらい妄想癖のある人はどれくらいいるのだろうか?

そんな物好きな調査があるわけがない......そう思う読者もいるかもしれないが、「何でも調べる」と評されるしらべぇではすでに調査済み。

アンケートサイト「マインドソナー」によると、「情熱大陸に出る妄想をしたことがある」と回答したのは全体の13%だったのだ。

なおこの作品、初回の視聴率は10.2%と、まずまずの発進になったようだ。

今後もさらなる妄想演出が繰り広げられるのだろうか? ガッキーのかわいい演技、ダンスとともに楽しみたいところだ。

・合わせて読みたい⇒新垣結衣と星野源が「お似合い」と評判 新ドラマ『逃げ恥』にも期待

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)