『砂の塔』を観て「マンション怖っ…」 やっぱ住むなら一軒家?

『砂の塔』を観て「マンション怖っ…」 やっぱ住むなら一軒家?

『砂の塔』を観て「マンション怖っ…」 やっぱ住むなら一軒家?

画像はTBS公式サイトのスクリーンショット

14日、菅野美穂や松嶋菜々子らが出演するTBSの金曜ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』がスタート。煌びやかなタワーマンションで繰り広げられる女たちの闇を描いたドラマだ。

■視聴者の反応は...

その放送が始まるや、同ドラマに対するつぶやきがツイッターに多く投稿された。

やだやだ、こんなマンションの付き合い。 #砂の塔

― さる (@sarusa310) 2016年10月14日

こーゆードラマ見るとほんと、マンション住まいじゃなくて良かったと思う。うちのまわり、年配のかたばかりだし(^_^; #砂の塔

― ちゃみ (@8_chaco) 2016年10月14日

砂の塔〜知りすぎた隣人
怖い怖い。一軒家でよかった

― おう たかひと (@ohtakatennis) 2016年10月14日

現実に起こらないとは断言できない、マンションならではの住民同士の不和やトラブル。極端かもしれないが、それを考えると「住むなら一軒家」ということになるのだろうか。

■「一軒家離れ」する若者たち

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,368名に、「住むなら一軒家がいいと思う」かを調査。すると...

年代別グラフで、明らかな傾向が判明。若者ほど一軒家に頓着がないのだ。 シェアハウスという新たな住空間が象徴するように、若者の「住処」に対する考え方は変わりつつあるのだろう。

■都会と地方でも差がはっきり

次に紹介するのは、エリア別の調査結果。

「一軒家主義」は地方に顕著である。反対に「首都圏」や大阪、京都を中心とする「近畿圏」は一軒家に対しての情熱がさほどない。

集合住宅か一軒家か。ドラマを見た直後だと、マンションは怖い、と思うかもしれない。

しかし、一軒家に住んでも、近隣住民との不和は起こりうるもの。重要なのは、ドラマの登場人物たちのように、必要以上に近隣の住民と接続しないことなのかもしれない。

・合わせて読みたい→うるせぇんだよ! 「マンション隣人」への激怒エピソード5選

(取材・文/しらべぇ編集部・倉木春太)
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の男女1,368名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)