20代女性の5 %は現役の風俗嬢!?「働き始めた理由」を取材

20代女性の5 %は現役の風俗嬢!?「働き始めた理由」を取材

20代女性の5 %は現役の風俗嬢!?「働き始めた理由」を取材

Jamie Choy/iStock/Thinkstock

高額アルバイトとして知られる風俗店。「楽して稼ごう」といった誘い文句の求人広告を見かける。しかし「性」を扱う仕事ということもあり、働くまでのハードルは高いと予想される。

しらべぇ編集部は、全国の女性670名に「風俗店で働いている人」がどれほどいるのかを調査。

すると、「今働いている」1.5%、「興味はあるが働いていない」4.5%、「過去に働いていた」3.0%、「働く気はない」91.0%という結果に。

■20代女性の5%は現役風俗嬢

調査結果より、20代女性の回答を抽出したデータに興味深い傾向が見られた。

20代女性の20人に1人は「現役風俗嬢」という回答だったのだ。また、10人に1人は「風俗に興味がある」という傾向もみられた。

仕事内容が性サービスというハードルの高さがあるものの、高額な給料に惹かれるのかもしれない。

さらに編集部では、20代の風俗嬢経験ありの女性たちに、風俗で働き始めた動機を取材した。

(1)セフレ感覚でお金ももらえて一石二鳥

「性に対してさほど抵抗がなかったので風俗嬢になりました。

お客さんともセフレ感覚で接すれば楽ですし、しかもエッチをしてお金が稼げるなんて一石二鳥だと思いました。

楽しく働いていましたが、結婚を機にさすがに風俗嬢は辞めましたね。夫にも悪いですし」(20代・女性)

(2)ギリギリの生活から抜け出すため

「私は大学進学を機に上京してきました。生活費は自分で稼がないといけないので、ひとり暮らしをしながら昼は大学、夜は普通のアルバイトをしていました。

ですが、そのうち生活がギリギリになってきて。学業もありますし、趣味にだってお金をつかいたいですしね。

性に抵抗はありましたけど、やはり最後はお金が勝ったので、風俗で働くことにしました。学費のために...という女の子は結構多いと思いますよ」(20代・女性)

働く理由はさまざまだが、やはり大きな動機は「お金」ということだった。

託児所が完備されていたり、寮が用意されているなど、働く女性に対する待遇も充実している風俗業界。働く女性に対する意識はもっとも高い業界かもしれない。

・合わせて読みたい→現役風俗嬢に聞いた「お客さんとの恋愛」ってアリ?

(取材・文/しらべぇ編集部・伊藤大生)

関連記事(外部サイト)