もう旦那と一緒に居たくない!女性が熟年離婚を考える瞬間

もう旦那と一緒に居たくない!女性が熟年離婚を考える瞬間

もう旦那と一緒に居たくない!女性が熟年離婚を考える瞬間

joel-t/iStock/Thinkstock

ここ約10年の間で、結婚して20年以上が経つ夫婦の離婚、いわゆる「熟年離婚」の件数が増えてきているという。子供がいる夫婦では、彼らが成人して自立したことを機に、真剣に離婚について考える人も少なくないそうだ。

■夫のここが許せない! 妻が熟年離婚を考えた瞬間

しらべぇ編集部では、今現在「熟年離婚をしようか考えている」という女性に、その理由を聞いてみることに。実にリアルな回答が得られた。

(1)会話がなくなった

「子供も成人して家を出ていって、旦那とふたりきりの毎日。旦那は仕事も定年退職をしたので家にいることも多いですが、会話が全然ないんです。いつだって旦那はスマホとにらめっこ。何をそんなに見ることがあるんでしょう。

話すときと言えば、『ごはんまだ?』ぐらい。ふたりで居る意味がわからなくなりましたよね...若いころのような愛情もないですし」(50代女性)

(2)お金のことにうるさくなった

「旦那が定年退職をしてから、お金のことにうるさくなりましたね。子供3人とも大学を出しているので、教育費がとにかくすごくて。今では貯金も安心できない、と旦那は焦っています。

そのイライラを私にぶつけてくるので、『私もパートに行くわよ』と言うと、『今さらおまえが働くことない!』と怒り出して。老後に『お金がない!』と言われるのは、本当に嫌です。

もうお話にならないので、家を出てひとりで生活して、若いころのようにバリバリ働こうかと思いはじめています」(50代女性)

夫婦で揉めることはこれまでもあっただろうが、50・60代にもなり老後を考えると、我慢ならないこともあるようだ。

■身近に熟年離婚した人がいる割合は

ちなみに、編集部では「実際に周りで熟年離婚をした人を知っている」という人がどれほどいるのかを調査してみた。すると...

やはり、50代以上になると熟年離婚は身近になるようだ。「いつか自分も...」「うちは大丈夫だろうか」と、他人の離婚を見てはドキッとしているのかもしれない。

・合わせて読みたい→後悔しかない...「交際1ヶ月で結婚」した女性が語る離婚理由

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie)
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,352名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)