神奈川を襲った最悪の天候、完全に「この世の終わり」だった 台風よりも恐ろしい…

神奈川を襲った最悪の天候、完全に「この世の終わり」だった 台風よりも恐ろしい…

神奈川襲った"地獄絵図"話題

今日から嬉しい3連休の幕開けだが、雨マークの続く天気予報に不安を覚えている人も多いのでは。台風15号の存在も決して無視できない。

なお先日、関東地方では「台風より恐ろしい」自然現象が話題となっていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】ウソみたいだろ、雨じゃないんだぜ…


■「集中豪雨」と思いきや…

注目を集めていたのは、ツイッターユーザー・ろっぴーさんが投稿した1件のツイート。

カゲロウ

こちらの投稿には道路で撮影された12秒程度の動画が添えられており、映像内では大量の雨粒が車両を襲っている…と思いきや、ツイート本文には「これ雨でも雪でもなくて虫」「昨日より大量で外出られない」と、衝撃的なネタばらしが綴られていたのだった。


関連記事:なにわ男子・大橋和也、ロケ先の定食屋が「ファンから苦情がすごい」と投稿! 謝罪の声相次ぐ

■「哀愁もクソもない」と驚きの声

虫が苦手な人物が目にすれば、無言で卒倒してしまいそうな衝撃的光景。これならば「豪雨」のほうが何十倍もマシであっただろう…。

件のツイートは投稿からわずか数日で2万件以上ものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからは「この量エグすぎ」「ここをチャリで突っ込んだらと考えただけでゾッとする…」「哀愁もクソもないな」といった驚きの声が多数寄せられていた。

カゲロウ

果たして動画が撮影された現地では、一体何が起こっていたというのだろうか…。ツイート投稿主のろっぴーさん、および道路を管理する事務所に詳しい話を聞いたところ、衝撃的な事実が判明したのだ。

■現地が完全に「地獄絵図」だった…

これ雨でも雪でもなくて虫
昨日より大量で外出られない pic.twitter.com/5L4FuEGpBI

— ろっぴー (@Raccoon_dog99) September 13, 2022

ろっぴーさんがこちらの「この世の終わり」のような光景に遭遇したのは、13日20時ごろで、場所は神奈川県相模原市の某道路だという。動画に収められているのは恐らく、大量のカゲロウだろう。

当時の状況について、ろっぴーさんは「毎年このくらいの時期に光に集まっているのは見ますが、気に留めるほどでなく、ここまですごいのは初めて見ました」「この光景を見た際はゾッとしました」と振り返っている。

なお、現地はまさに「地獄絵図」であったとのことで、「生臭くてバイクも何台か滑っていて、1台は転んでいました。他の地域でも事故がないことを祈ります」というコメントが得られたのが印象的であった。


■相模原市の対応は…

続いて、件の道路を管理する相模原市 緑土木事務所に現地の様子および、対応について尋ねたところ、担当者からは「当事務所の職員3名が現場に向かい、道路に積もっていたカゲロウによりスリップしないようスコップで削り取り、機械装置のブロワーにより風で吹き飛ばす作業を1時間ほど行ないました」という回答が。

また事故防止のため道路を狭め、車が減速するよう道路の端部にカラーコーンを用意したほか、「スリップ注意」の看板も設置されたという。

台風や地震だけでなく、野生生物が引き起こす「災害」にも細心の注意を払いたい。

関連記事(外部サイト)