「ぎんなん中毒」けいれんや呼吸困難を引き起こし死亡例も 大量摂取に注意

記事まとめ

  • 「ぎんなん」には、小児で7〜150個、成人は40〜300個の摂取で中毒の危険がある
  • おう吐や呼吸困難、不整脈などがみられることもあり、死亡例も報告されている
  • 無理矢理おう吐させることは、窒息の危険やけいれんを誘発するため推奨されない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております