線香花火の火花が飛び散る仕組みを科学的に解明 東大教授らが高速度カメラで撮影

記事まとめ

  • 東京大学大学院の井上智博特任准教授らが線香花火を毎秒10万コマで撮影した映像を発表
  • 線香花火の火花は液滴であり,火球表面にできた気泡の破裂によって液滴が飛び出す
  • 液滴が最大8回連鎖的に分裂することで松葉火花ができることがわかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております