東日本大震災から6年で、地震対策をしている人は21.3% 既婚者のほうが多い傾向

記事まとめ

  • 東日本大震災から6年が経つが、20代-60代の男女で地震対策をしている人は21.3%だった
  • 既婚者と未婚者で比較すると、若干だが既婚者のほうが対策している人が多い
  • 家具の固定や防災グッズの準備、家族で震災が起きたらどこに集まるか決めている人も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております