県の数を今より19減らす法案が過去に存在 愛知県を名古屋県に改名する案も

記事まとめ

  • 廃藩置県により3府302県になり、明治21年に現在の道府県数と同じ47になった
  • 明治36年に、群馬や埼玉、奈良、山口、大分など19県を削り28道府県への再編案があった
  • 宮城県を仙台県、石川県を金沢県、愛知県を名古屋県など改名予定だった県もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております