思い込みは禁物! ミスしがち・間違えがちなビジネスルール3選

思い込みは禁物! ミスしがち・間違えがちなビジネスルール3選

思い込みは禁物! ミスしがち・間違えがちなビジネスルール3選

(?ぱくたそ)

社会人になり、少しずつ仕事を任され始めると、気づかないうちに間違った「ビジネスルールの落とし穴」にはまっていることがある。

「自分では正しい」と思っていても、実は「大きな間違い」だったため、後でとんでもない目にあった…ということも。

一体どんなことが、知らなかったでは済まされない「暗黙のビジネスルール」なのだろうか? しらべぇ取材班では、「陥りがちな間違い」について新人教育をして15年のベテラン社員に聞いてみた。

■仕事が遅延するのは相手の責任

「社内でも社外でも納品が遅れるというのは、ビジネスで信頼がなくなる理由の一つです。

もし遅れそうであれば、あらかじめ何かしら、調整をしておくというのがルール。それを『お客様からの返しが遅かった』『社内の確認がかかりすぎて…』なんて言い訳は大間違いです。

それは、自分のディレクション能力の問題。自分が主担当であれば、調整をするのも仕事なので、徹底改善するようにさせています」

■一般用語を使えば伝わるはず

「例えば、『キックオフ』という言葉は業界によって若干ニュアンスが異なります。なかには、上層部が社内用に『お客様との初めての打ち合わせ』を『キックオフ』と呼んでいるケースもあります。

これは使い方が間違っていても、『社内ルール』であれば合わせなければなりません。仕事上、一般的な使い方というのはベースとはなりますが、業界や会社によって異なるので、揃えて使わないため話が通じず、お叱りを受けたケースもあります」

■メールを送ればボールは相手側にある

「これもよくありがちなのですが、メールを送れば相手に伝わっていると思い込むケース。メールは、迷惑ボックスに入っていたり、場合によっては見落とすこともあります。

最悪、自分のメールフォルダーに下書き状態で、送ってなかった…など、そもそも送信できていないこともあります。もし返信が必要なメールで、1営業日経過しても返信がなければ、電話や再送をすべきです」

「ビジネス」で思い込みは禁物。上記はあくまでも一例に過ぎないが、チームで動くことも多いビジネスにおいて、独りよがりな動きは避けるべきだろう。

・合わせて読みたい→「飲まなきゃ損」は間違い?本来の「飲み放題のメリット」が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季)

関連記事(外部サイト)