「お前だって詰め込まれてない」  太田光がゆとり世代を軽視する風潮に苦言

「お前だって詰め込まれてない」  太田光がゆとり世代を軽視する風潮に苦言

「お前だって詰め込まれてない」  太田光がゆとり世代を軽視する風潮に苦言

(画像はTBSラジオ「JUNK爆笑問題カーボーイ」公式サイトのスクリーンショット)

5月16日に放送されたTBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』内で、太田光が「ゆとり世代」を下に見る人間に対し、苦言を呈した。

■「お前だってゆとりだろという奴がいる」と批判

太田は番組オープニングで、「よく『ゆとり世代…』って言ってるやついるけど、お前もゆとりだったろってやついるよね」「お前もそんな詰め込まれてねえだろって」と発言。

さらに「お前だって授業なんか聞いてなかっただろ、詰め込まれてねえだろう」「全然受験戦争なんかしてない」などと猛批判を展開。これには田中裕二も「たしかそれはあるよね」と同調する。

普段から批判されることが多いゆとり世代だが、文句を言う側にも大して詰め込まれていない人が存在し、「ゆとり」があったという理論は一理あるだけに、「よくぞ言ってくれた」と思った人も多いようだ。

■「ゆとり世代は仕事ができない」?

現在ゆとり世代も学業を終え、社会に出ている人が多くなっている。

一方で優秀なゆとり世代社員も数多く存在しており、「世代で括らないで欲しい」「一部の怠けた人間が、クローズアップされているだけ」との不満の声がある。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の会社員経験者899名にゆとり世代の会社員について意識調査を実施したところ、「仕事ができないと思う」と答えた人は29.5%。

©sirabee.com

多いと見るか、少ないと見るかは意見の分かれるところだが、7割は「仕事ができない」とは考えていないことがわかった。やはりイメージが先行しているだけなのかも。

■年代別で見ると…

「ゆとり世代は仕事ができない」と感じている人は、どの世代に多いのだろうか?

©sirabee.com

見ての通り、40代、50代の割合が高くなっていることがわかる。やはり世代が離れると、「ゆとりは…」と感じることが多くなるのだろうか。?

なにかと揶揄されやすい「ゆとり世代」の社会人だが、今回の調査を見る限り、そこまで「仕事ができない」と思われていない。

太田光がいうように、ほかの世代でも「ダメな奴はダメ」なはず。そう考えると、世代で人を判断するのは、安直すぎるだろう。

・合わせて読みたい→店員に対して感謝の気持ちで接してる? ゆとり世代が驚愕の主張

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代会社員経験者899名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)