東京から田舎に戻るのは死んだも同然? 「辞世の句」に賛否の声

東京から田舎に戻るのは死んだも同然? 「辞世の句」に賛否の声

東京から田舎に戻るのは死んだも同然? 「辞世の句」に賛否の声

?ぱくたそ

進学や就職を機に東京や大阪などの大都市圏に出てくる人は多い。だが、そこにずっと残るか、Uターンするかは判断が別れるところ。中には「田舎には絶対に戻りたくない!」という人もいるだろう。

そんな中、家庭の事情で田舎へ戻ることを強いられた人の投稿が話題になっている。

■田舎へ戻ることを憂う投稿者

はてな匿名ダイアリーに投稿された「辞世の句」というエントリー。投稿者は田舎で生まれ育ち、その後14年間東京で暮らした人物だ。仕事は大変だったが東京にいることは投稿者にとって精神的に楽で、ひとり暮らしには給与も十分で貯金もできたそう。

しかし、両親が年老いたことで田舎に戻ることになったようで、

「実家とは、田舎とは、呪いだ。逃れられない」

「田舎暮らしについては今から億劫で仕方がない。おそらくもう私は死んだも同然だろう」

と語る。詳細は不明だが、介護などのっぴきならない事情の可能性もありそうだ。

■「田舎暮らしはコストが安い」にも反論

また、投稿者はネット上でしばしば見られる「田舎のほうが暮らしのコストが安い」という意見についても反論。

自動車を持たねばならないことに加え、「誰もが同じ量しか持っていない『時間』をコストとして払うのは取り返しがつかない」と述べた。そして、

「パチンコを楽しみに、飲酒運転を日常にとりこみ、他人の行動ばかり監視して、他人の話ばかりする人間に入れ替わっていくだろう」

と自身の将来を悲観した上で、「これは私の辞世の句だ」と投稿を締めくくった。

■賛否両論の声が集まる

辞世の句というのは本来、この世を去る前に読む和歌や漢詩のこと。この一見過激とも思える投稿に対し、寄せられたコメントは賛否真っ二つに別れることになった。

・自分が親だったら増田にこんなこと書いてまで絶望して帰ってくる息子なんて困るわ 東京にいろという 自分がすごい酷い奴みたいな気分

・人口5000くらいの田舎に引っ込んで8年経ちますが、想像してたより不便は感じてません。 もともと友達がいない人間なら、驚くほど生活変わりませんよ。安心して下さい

・?平日の夜は早く帰って来てビールを飲みながらナイターを見て、週末は家族でイオンのフードコートで楽しく食事という幸せな日常が待ってるよ

・パチンコや飲酒運転や他人の噂話しなくても、田舎暮らしは楽しいよ? 楽しくするのもしないのも自分自身だから頑張って

・まあ他になんにもないから、近くの事件が唯一の刺激みたいなことになるのはわからんでもない

・時々地元に戻らなきゃいけなくなったという悪夢を見て魘されてるからすごい気持ちがわかる…

・うちの親は子供に世話させないというのを老後の目標って、俺が子供の頃に言っていた。当時はよくわからなかったが、リスペクトしかない

■田舎暮らしに憧れない首都圏在住者は半数

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「田舎で暮らしたいとまったく思わない」と回答した首都圏在住者は全体の5割となっている。

コメントでも賛否が別れた今回の投稿。しかし、本来都会と田舎に優劣はつけられるものではなく、「その人にとって一番心地よい場所がどこか」ということだけだろう。

少子高齢化が進む今、そんな場所に住むことも難しくなっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→「独りになりたいときどこ行く?」 田舎出身者の問いに都民驚愕

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?

? 調査期間:2016年10月21日〜2016年10月24日

? 対象:全国20〜60代の男女1387名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)