ドン引き! 「自称・霊感がある人」の珍エピソードとは…

ドン引き! 「自称・霊感がある人」の珍エピソードとは…

ドン引き! 「自称・霊感がある人」の珍エピソードとは…

(?ぱくたそ)

各地の心霊スポットが名所化するなど、存在が不確かだからこそ、いつの時代も話題にのぼる「幽霊」という存在。

信用していないという人もいれば、そうした存在が「感じる、見えてしまう」という人もいるかもしれない。

そんな中、世の中には「霊感があるという人が信用できない」という人がいるようだ。

■約4割が「ちょっと…」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,336名を対象に 「『霊感がある』という人を信用するか?」調査を実施。

その結果、約4割におよぶ38.8%の人が「信用しない」と回答する結果に。

©sirabee.com

半数には至らないが、およそ2〜3人に1人が「信用できない」と感じるのはなぜだろう。

多くの霊感商法がマスコミに取り沙汰されことで、不審に思うのか。

■番組収録中タレントが…

しらべぇ編集部では、「アンチ霊感派」だという人たちに話を聞いた。

「バラエティ番組の収録中、女性タレントが突然『あのひな壇に霊が…!』と叫び収録がストップ。

観覧客のいる収録ではなかったため、表沙汰にはなりませんでしたが、大御所MCは突然のことに完全にブチギレ。 現場も、静まり返る事態に。

もし幽霊がいても、姿形が見えない制作側としては『とりあえず収録は進めようよ』と困惑した気持ちですよ。

そのタレントは事務所からゴリ押しされていましたが、信用できないし、自分の番組で起用することはもう無いです」 (37歳・男性・TVプロデューサー)

「ヨガの体験教室に行ったところ、マンションの鍵がいきなり閉められて密室状態に。

ヨガをするのではなく、講師が『私ね、見えるの。あなたの右肩にね、たくさんの霊的物体がいるのが見える…』と言い出す事態に。

『だからなんだよ』とツッコミたい気持ち満点でしたが、謎のお経を唱えられ、背中を叩かれ、その後もなかなか外に出してくれず…。

以来、『霊感』とか言い出す人には完全にアレルギーを感じるように」(32歳・女性・教師)

世の中に説明のつかない事象は、いくつもあるだろう。そうした存在を身近に感じることも、あるかもしれない。

だが、存在が不確かなものを用いて人を脅かしたり、迷惑をかけることは許されることではない。

・合わせて読みたい→周りは失笑! 「自称・霊感がある人」がしたドン引き行動3選

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)