俺と遊ぼうよ!「デートの誘いを断った男性」にされた恐怖行動3選

俺と遊ぼうよ!「デートの誘いを断った男性」にされた恐怖行動3選

俺と遊ぼうよ!「デートの誘いを断った男性」にされた恐怖行動3選

(?ぱくたそ)

男性からのデートのお誘いを断ったら、ほとんどの人は「では、また機会があったら!」と、察して諦めてくれるだろう。

だが中には、しつこい行動を取ってくる人たちもいるらしい。

しらべぇ取材班は、女性たちに「デートの誘いを断った時に、男性にされた恐怖行動」を調査してみた。

(1)誘いを断った理由を問い詰めてくる

「好きではない男性から遊びに誘われたんですが、『仕事があるから難しいな』と断りました。でも実際には、別の女友達と遊んでいたんです。

それを彼はSNSで発見したようで『この日は仕事と言って俺を断ったよね? どういうこと?』と怒った連絡が。イヤだから断ったんだと、察してほしい…」(Yさん・29歳)

(2)「具合が悪い」と断られたら、家に見舞いにくる

「男性からの誘いを『今日は具合が悪くて』と、嘘をついてお断りを。それで諦めてくれるかと思ったら、1時間弱後に電話がかかってきて…。

『今、Aちゃんの最寄り駅ついたよ! 果物とか買ってきたから届ける! 家どのへん?』と。気を利かせて点数を稼ごうとしたんでしょうが、怖かったです」(Aさん・26歳)

(3)デートを断っても「いつならいい?」としつこく聞いてくる

「ちょっと粘着質っぽさがあった男性。デートをお断りしたら、『この日はどう? この日は? この日だったら?』と、次々に日程を出して聞いてきて。

すべて『予定が…』と断っていたら、『いつならいい? 合わせるよ』と。相手が嫌がっているのに、『絶対に逃さない!』という自分勝手な姿勢に恐怖すら覚えました」(Rさん・26歳)

??誘ってくるのは、それだけ思われている証し?

しらべぇ取材班が、全国20代〜60代の男女1,365名に「デートをするのは面倒か」と聞いたところ、男性の20代〜40代が「面倒だ」と感じる割合が高いことが明らかに。

©sirabee.com

このような男性が多くなっている昨今、ここまで必死にデートに誘ってくれるのは「ありがたい」と思うべきなのかもしれないが…。

興味のない男性からの誘いは、「面倒なだけ」というのが女子の偽らざる気持ちなのだ。

・合わせて読みたい→これでメロメロ? 「食事デートで女性を惚れさせる」魔法の行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日〜2016年12月19日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)