「俺」呼びの男性は意外と少数! デキるオトコは使い分けを

「俺」呼びの男性は意外と少数! デキるオトコは使い分けを

「俺」呼びの男性は意外と少数! デキるオトコは使い分けを

(?ぱくたそ)

男性が使う一人称には「俺」や「僕」、「私」などあり、女性と比べると選択肢が広いのが特徴だ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男性671名に「自分の呼び方」についての調査を実施。

「普段の一人称は『俺』を使うことが多い」と答えたのは、全体で41.1%だった。

■プライベートは「俺」で会社は「僕」

年代別では、20代から30代で「俺」と呼ぶ人が多くなっている。

©sirabee.com

しかし女性からは、こんな疑問も。

「プライベートで『僕』を言っている人に、会ったことがない。ほとんどの人が『俺』な印象」(20代・女性)

しかし男性には、次のような言い分がある。

「家族や友達には『俺』だけど、会社では『僕』と使い分けている」(20代・男性)

会社で「僕」と使う理由を、次のように語る男性も。

「マナーとしては『私(わたくし)』がいいんだろうけど、他人行儀な感じがする。ただ『俺』だと偉そうだし、そうなると『僕』が最適かなと。社外では『私』だけど」(30代・男性)

「僕」は本来、対等か目下の人に使うものとある。しかし現代では、「俺」より少し丁寧な言葉として定着をしているようだ。

■リア充は「俺」でガリ勉は「僕」

リア充では、6割と多い割合である。リア充のノリを考えると、いかにも「俺」が似合いそうだ。

©sirabee.com

一方でガリ勉だった人は、4割とリア充よりも少なくなっている。まじめな人は「僕」や「私」のイメージがあるが、あながち間違っていないのかも。

使い分けをしている人が多い中で、幼い頃からずっと「僕」と呼んでいる人もいる。

「周囲が『俺』を使う中で恥ずかしいと思った時期もあるけど、だからって矯正する意味もないし…」(30代・男性)

普段は「俺」を使い、「僕」で控えめな感じを演出。さらにかしこまった場では「私」と、器用に使い分けている男性が多いようだ。

・合わせて読みたい→ 男性の一人称になにを使う? 地域や年齢で違いが発生

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男性671名 (有効回答数)