電車が「大幅遅延した時」は料金を割引すべき? 利用客の意見は…

電車が「大幅遅延した時」は料金を割引すべき? 利用客の意見は…

電車が「大幅遅延した時」は料金を割引すべき? 利用客の意見は…

(ThaiBW/iStock/Thinkstock)

大都市では人口の多さに比例し、厳しい通勤・通学ラッシュが発生。とくに首都圏では毎日のように、電車のなかに人が「すし詰め」にされる。

そんなラッシュ時に遅延が発生すると、細かい網目のように組まれたダイヤが乱れることに。

そうなると「時間通りに通うためには、これに乗らねば」と人が殺到し、混雑によってさらに遅れは拡大。結果、大幅な遅延を招くことになる。

大幅遅延の影響は通勤・通学だけではない。楽しい旅行で電車が大きく遅れると、予定を変更しなければならなくなり、利用者にとっては、かなり迷惑だ。

■大幅遅延時に料金を割引してみてはという議論

そんな電車大幅遅延については、今年1月ある議員がSNSで「料金を割引するようなシステムを導入してみてはどうか」という提案を行い、賛否両論となった。

現状鉄道会社は遅延による損害について、「責任を負わない」という規定を設けているところがほとんど。特殊なケースを除き、遅れによる返金に応じておらず、料金の割引措置も行われていない。

割引については賛成意見も散見されたが、「安全への意識が希薄になる」との反対論も根強い。大幅に電車が遅延した場合の「割引」について、世間はどのように感じているのだろうか?

■割引すべきだと思う?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代〜60代の1,336名に「電車大幅遅延時の割引措置」について調査を実施。

©sirabee.com

結果、「割引すべきだと思う」と答えた人はシニア層の男性が多く、60代男性の5割が割引を支持している。

ある程度生活に余裕がある人が多い世代であると思われるが、心のほうには余裕がなく、大幅遅延に対して厳しい考えを持っているようだ。

■それぞれの意見を聞いてみた

割引賛成派、反対派それぞれに意見を聞いてみた。

<賛成派>

「少しの遅れは仕方ないと諦めますが、1時間以上の場合はなんらかの補償があってもいいのではないかと…。Suicaなら、割引設定もやろうと思えばできそうな気もしますし。

関係者が遅延時、一生懸命働いているのは理解していますが、『大幅』に遅れているのに『申し訳ございません』で終わるのは、ちょっと納得がいかない」(50代・男性)

<反対派>

「もし大幅遅延で料金の割引を始めたら、現場が混乱するのではないでしょうか。それに、安全面を考慮して念のために列車を止めることもありますので、『大幅に遅れられない』となると、乗客の安全がおざなりになる可能性が高く、危険です。

割引してほしい気持ちは私もありますが、現実的に無理ですし、安全を優先するべきだと思います。遅れると思って行動すればいいことです」(30代・男性)

電車の大幅遅延時の料金割引論。あなたはどう考えるだろうか。

・合わせて読みたい→ありがとう! 電車で痴漢された時に「助かった周りの対応」3選

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)