散らかってると幸せ遠のく!?片付けられない人の特徴は

散らかってると幸せ遠のく!?片付けられない人の特徴は

散らかってると幸せ遠のく!?片付けられない人の特徴は

(thodonal/iStock/Thinkstock)

スッキリ片付いた机や部屋は、使いやすく、きちんとしたイメージを人に与える。逆に、ごちゃごちゃしていると“だらしない”印象になりがち。

断捨離やミニマリストがブームになり、片付けられない、捨てられない人は、ちょっと肩身が狭い気持ちになる。

しかし、「片付けが苦手」という人も少なくないのでは? しらべぇ編集部は全国の20〜60代の男女1,336名を対象に、「片付けが苦手だ」という人の割合を調査した。

■片付かない人は幸せになれない?

全体では46.8%と半数近い人が、「片付けが苦手だ」と回答。男女別では完全同数で、男女での差異は見られない。

しかし、性別・年代別で見てみると

©sirabee.com

20代と40代女性が54.1%と最多、男性は50代の50.0%が最も高く、60代では男女共に4割を切った。

年齢を重ねると自分にとって「必要なもの」が、明確になっていくのだろうか。

そして気になるのは、特徴別のデータ。

©sirabee.com

最も多かったのは「いま、自分は不幸だと思う」の60.9%、次いで「ダメな異性が好きだ」も6割超えの60.1%、「恋愛が苦手だ」58.5%が続いた。

よく風水などで、片付いていない状態は良い気が入ってこず、運気が下がる…なんて言われるが、やっぱり片付けられない人は、幸せになりにくいのだろうか?

■散らかってるけど秩序はある?

実際に「片付けが苦手」という人や、「身近に片付けられない人がいる」という人に話を聞いた。

「片付けが昔から苦手です。親も苦手なので『遺伝だ』と開き直ってるけど、きちんとしたい気持ちはあるので、自分でもダメだと思いますね。

ただ、どこに何があるかはわかっていて、下手に片付けると、逆にどこにしまったのかわからなくなることも…一見ごちゃごちゃに見えるのですが、自分なりの秩序はあります。たぶん」(30代・女性)

「基本的に“捨てられない”タイプで、どうしても片付きません。古いものなど『もう使わない』と思っても、もしかしたら…って思っちゃうと捨てる決断ができない。

本当はモデルルームみたいに整頓された、生活感のない部屋に憧れはあるんですけど、いざやろうとすると全然ムリというか、あれこれ引っ張り出して、ますます収拾がつかなくなることの方が多いです」(20代・男性)

「同僚が典型的な片付けられない人で、いつも机にモノが溢れているというか、ほとんど雪崩れ状態です。作業するため、きっちりA3用紙1枚分のスペースは空いているのですが、後は資料の山。

だからって仕事ができないわけではなくて、むしろ納期とかスケジュール管理とかは、かなりキッチリしているので、いつも不思議に思っています。あれだけグチャグチャだと、書類を見失ったり、わけわかんなくなったりすると思うんですけど、どうしてだかミスなくこなしているんですよね」(40代・男性)

片付けたい気はあるようだが、なかなかできない…そういう気持ちが余計に「苦手」という意識に繋がっているのかも。

散らかっていると、探し物などで何かと時間がかかることもある。ひとまず大事な物の定位置は決めて、その秩序だけは維持するなど、苦手なりの工夫はした方がよさそうだ。

・合わせて読みたい→仕事机が汚い人は無能?散らかっているほうが便利との声も

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)